松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

〜9/13 近藤英樹展「種子の記憶」

ー 発芽、つぼみ、ひっそりとうごめくいのちの気配ー

本日より近藤英樹展がはじまりました。

f0106896_1443153.jpg
近藤さんは、久万高原町のご出身。現在は茅ケ崎市を拠点に製作活動を展開されています。

f0106896_1451941.jpg
種子、発芽、芽吹き、開花etc...植物のいのちの営みがモチーフ。
いちぢくのような、なにかの花の種のような...ころんころんとかわいらしいこちらは、木彫の立体作品。

f0106896_1432589.jpg
f0106896_1443588.jpg
版画は水の中をたゆたうようなここちよいリトグラフ。澄んだ色彩が折り重なって透かされあって。瑞々しいとはこういうこと。スタイリッシュな縦長の作品は、和のテイストにもよく合います。


f0106896_1452264.jpg
パイプのようなラッパのような。

f0106896_15595427.jpg
前回、木彫立体をお買上下さったお客様が、「いろいろなところに置いてためしたけれど、畳の上が一番いいみたい」とおっしゃってました。有機的な床とも相性がよいようです。

f0106896_1451039.jpg
芽。ダンスしているみたいです。どこかユーモラスでなぜだかついついほころんでしまう前向きな明るさは近藤作品の魅力。

f0106896_1443949.jpg
f0106896_15595888.jpg
一輪、お花も咲いております。


f0106896_1559541.jpg
プレゼントにもよさそうな小品のシリーズ。
f0106896_1452681.jpg
今回から陶立体も登場。木彫とはまた違った味わいが。

f0106896_14512.jpg
シリーズ「ネズノモリ」。植物の息の音が聞こえてきそうな作品集。
by live-art | 2011-09-08 15:15 | 今週の展覧会 | Comments(0)