松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

楽居布2012ファッションショーレポート:前半

f0106896_12415227.jpg

遅ればせながらの更新ですが、さきの6/23(土)。
16名のお馴染のお客様にモデルをしていただいて、
夏の楽居布展初のファッションショーを催しました。
初の試みにいったいどうなることやら、不安もいっぱいだったのですが.....
杞憂とはまさにこのこと。モデルのみなさん、どなたも度胸たっぷり。
ターンもポージングも楽しくこなしてくださって、なにより最高の笑顔☆

f0106896_1235250.jpg
トップバッターは今回最年少子育て真っ最中のMさん。
今回大人気だったゆったり袖のシルクワンピースに紫のタイツと靴をコーディネイト。
ゆったりまあるいラインがMさんの優しい雰囲気にぴったり。


f0106896_133313.jpg
お洋服はすべてデザイナーの越智さんがひとりひとりのためにコーディネイト。着こなし上手でスレンダーなYさんには、エスニックテイストで決めて頂きました。カシュクールワンピのオレンジは新色です。個性的だけど肌馴染みがよく元気が出る色でした。


f0106896_1235169.jpg
Kさんは彫りの深いオリエンタルな顔立ちの美女。Kさんのお宅は農業を営まれているのですが、この日は農繁期の多忙をかき分けてご遠方から駆けつけて下さいました。紫の染布をシンプルに仕立てた個性的なブラウスが本当にお似合いでした。

f0106896_12352372.jpg
自営のお仕事に、主婦業に、商工会議所の活動に、バイタリティあふれるパワフルなYさんはおしゃれにもパワー全開です。上質なシルクのドレスをモダンに軽快に着こなして下さいました。


f0106896_12353022.jpg
こちらSさんも古くからお馴染のお客様で東北がご出身。ピンクのシャーベットカラーが透明感のあふれる白いお肌を引き立ててくれています。

f0106896_12354299.jpg
すらりと背のたかいFさんはお姑さんと一緒に出演。黒のチュニックを日本人ばなれした体型でなんなく着こなして下さいました。アクセサリーはお手製。赤いサンダルが効いています。

f0106896_12353849.jpg
90歳になるおばあさまは、いつもの着物姿で。数年前の楽居布展でご購入頂いた藤布の夏帯を巻いて下さっています。藤蔓の中皮の繊維で作る藤布は大変に手間暇のかかる希少な織物です。

f0106896_12354928.jpg
それでもそのしなやかな弾力と上品な艶は他には換えがたく美しく。おばあさまはそれをちゃんと分かって下さって、展覧会でこの夏帯と出会ったときの、なんとも瑞々しい笑顔を今でも覚えています。そこに対面した越智さんもこのうえなく嬉しそうでした。
by live-art | 2012-07-02 13:15 | 今週の展覧会 | Comments(0)