松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

オープニング芝居「うつわとふたり」

f0106896_1651251.jpg

昨夜、杉浦史典・杉浦綾 陶展のオープニングイベントとして、
展覧会場で演劇「うつわとふたり」が上演されました。

原案/杉浦綾 
脚本/桝形浩人 
音楽/杉浦史典 
衣装/Sa-Rah帽子千秋 
出演/桝形浩人 まぐろ

以下、当日みなさまにお配りしたごあいさつより、綾さんのコメントです.....

「どこかの家の食卓にあるうつわの物語を演劇という形で表現できないだろうか?
この展示会の半年前にそんなことを思いました。
うつわは生活の中にあってはじめて役割が始まるのだと思います。
料理と一緒に家族の記憶として染み込むように存在するもの。
そんなうつわの物語を拙い言葉で書いてみたのがこの春のことです。
その原案を持って、勇気を振り絞り、桝形浩人さんに相談しました。
日々活躍されているプロの役者さんであるにもかかわらず快く引き受けてくださったこと、感謝の言葉では足りません。

演じて下さるのは桝形浩人さん本人と私達が大ファンでもある女優まぐろこと小倉朋子さんのおふたりです。衣装はわたしたちの大好きな友人であり、また素晴らしい洋服の作り手でもある帽子千秋さんに「うつわの白をイメージした服を」とお願いしました。

10年ぶりの夫婦展にうつわと夫婦の物語を演劇という形で見なさんに見ていただけることこのうえない幸せです。
このお芝居がみなさんの生活の中にあるうつわに思いを寄せる機会となりますように。」

f0106896_16514726.jpg
日々の生活のなかのちいさなこころのすれ違いで少しだけ心が離れそうになってしまっていた夫婦のものがたり。

f0106896_1651266.jpg
うつわにまつわる手料理の思い出が、いつのまにかふたりで過ごした日々の思い出に移り行きます。

f0106896_16522326.jpg
美味しい思い出たちは、ふたりに、これまでふたりで積み重ねてきたかけがえのない時間を思い出させてくれたのでした。まぐろさん、とても可愛かった☆

f0106896_1651317.jpg
史典氏、こう見えても緊張していたそうです。

f0106896_16514498.jpg
あいにくの雨にも関わらず、100人近くの方々がお集まり下さいました。本当にありがとうございました!

f0106896_17594863.jpg
みなさん、お疲れさまでした!
by live-art | 2013-07-05 16:53 | 今週の展覧会 | Comments(0)