松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

〜3/4【北室】篠原土世展 〜3/10【南室】革日和

【北室】篠原土世展 再・シリーズ<郷愁>

f0106896_1616874.jpg
北室にてフランス在住の画家・篠原土世さんの個展が始まっています。

f0106896_17561327.jpg
シリーズ<郷愁>は土世さんが25年前に一度手掛けたシリーズです。今回は未発表の作品を加えて新たに構成しています。

f0106896_16264855.jpg
どの作品にも球体があり、重力や無重力に包まれています。

f0106896_17554476.jpg
球形から空間が放たれるようで。

f0106896_17552731.jpg
北室のフロアが普段より広々と感じられたり。

f0106896_17561867.jpg
オブジェも素敵です。



【南室】革日和 ーTOMOKO WATZ + 大石洋介 +後藤琢郎ー

南室は3人のレザークラフター達のグループ展。三者三様で見応えたっぷりです。

f0106896_17591681.jpg
TOMOKO WATZさんはアーティスティックでインテリジェントなレザーアクセサリー。

f0106896_17584218.jpg
ねじったりひっかけたり、長さを変えたり。
その日の気分できままに変形させて楽しめます。

f0106896_17585241.jpg
厳選の素材と洗練されたフォルム。
「私にはちょっと、難しそう…」とお思いになられたとしても、
だまされたつもりで遊んでみてください。

f0106896_17585218.jpg
きっちりかっちり、ではなくて、ほんとに気ままでいいんです(笑)。


f0106896_1759720.jpg
お次はOhicholeatherlabpの大石洋介さん。体長1mの魚のバッグ!これは、複数のバッグに解体できます。驚きの技術と造形力。そのうえとってもかっこいい。

f0106896_17591333.jpg
エゾシカのツノ!袋の部分はとてもやわらかい革でできています。

f0106896_17591998.jpg
ポップなカラフルベルト☆それぞれ、違う色の星が埋め込まれているのですが、
細工の美しさにもほれぼれ。

f0106896_1801762.jpg
最後は、久万高原町にOne Loop Design Worksを構える後藤琢郎さん。後藤さんは、普段は受注製作を中心にされています。上質なレザーの意外性のある色同士を、遊び心たっぷりに組み合わせたバッグや革小物。

f0106896_175958100.jpg
オーダーシートもご用意していますので、世界に一つしかないご自分だけのモノをオーダーするのも楽しいかも。
by live-art | 2014-02-27 18:01 | 今週の展覧会 | Comments(0)