松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

~6/3 【南室】アラフィアフェアトレードバスケット展

f0106896_22422725.jpg
南室も超カラフル!
竹中園芸さんのガーデニング展と同時開催(ひとつ下に記事を掲載しておりますので是非ご覧下さい)のこちらは、アラフィアフェアトレードバスケット展を開催中。

f0106896_22421422.jpg
フェアトレードとは発展途上国の生産物を適正な価格で継続的に取引することにより、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みのこと。アラフィアのバスケットはその理念に基づいた生産体制のもと、ガーナの女性達の手で一つ一つ真心を込めて編まれています。何より素晴らしいのは、その品質の高さ。サバンナグラスをしっかり撚って、きっちりと編み込んだ編んだバスケットは弾力もあり型くずれもしません。羊の革をあしらった持ち手もとてもしっかりしています。使い込むうちに手になじんで、艶も出て、愛着がふつふつと湧いてきますよ。大きなものだと10kg程度まで大丈夫なので、ワインボトル10本くらい一気に運んでも平気です。

f0106896_22422499.jpg
ガーナには厳選された250人の専属の編み手さんがいらしゃるそうです。繊細で美意識の高い日本人が相手ですから、アラフィア・ジャパンのバスケットは特に厳しい規準を要求されるそうですが、技術は確実に年を追うごとに上がっているそう。自分たちの作ったものが正当な価格で先進国の人々にも喜ばれるということが、自信にもモチベーションにもつながっているのでしょう。

f0106896_22423174.jpg
だって、こんなにも美しいバッグですよ!尊敬されて当然です☆
こちらはハンプトンと言うツーハンドルのかたち。大きなものだと小型犬が入ります。水洗いできますので、動物のベットにされる方も多いんですって。もちろんアウトドアにもタウンにも、エコバックとして毎日のお買い物にも、それからインテリアにも多用途にお使い頂けます。インナーバックを付けたり、バッグの色にあわせた布をあわせるものも素敵です。

f0106896_22423411.jpg
こちらはガーナの伝統的なカタチ。マーケットスタイルといいます。毛糸を入れたり、作りかけのパッチワークの素材をいれたりしてもいいですね。ちなみに私は小さいのを化粧道具入れにしています。今年は中くらいのサイズのをgetして、キッチンに置いてジャガイモとかタマネギとか入れたいなぁ…。使用感抜群なので日常に実用使いすると確実にテンションがあがりますよ。

f0106896_22423856.jpg
こちらはとてもモダンなデザイン、ニューベリーシリーズ。アクセサリー感覚で持てる小ぶりなバッグです。

f0106896_22424187.jpg
こちらのミニも同じようにファッションのポイントに最適。浴衣に持ってもいいかも?インドアでは小さなコップを仕込んで花瓶代わりにお花を生けても可愛いんですよ。ちなみに、350mlのビールがきれいに5缶ほど並ぶくらいの大きさです(笑)。

f0106896_22424745.jpg
三角形のウィングスは、左右に立ち上がりがあって、中身が見えにくいデザインになっていてタウン向きです。大きなものなら一泊旅行くらいならいかれそう。前回お買い求め頂いた方が季節を問わずジム通いに重宝しているわよーとおっしゃっていました。小さいのも魅力的。

f0106896_22425038.jpg
こちらのショルダータイプは前回も大人気。ただし何分数が少なく早い者勝ちのような状態でした。どうやら今年もそのようですので、ピンと来られた方はお早めに☆

f0106896_22425316.jpg
魔法使いが出て来そうなヴェースシリーズは、とても個性的。こちらも、伝統的なカタチです。インテリアとしての存在感はピカイチ。小さいものならタウン用にもすっごくカワイイ。人と違うものを持ちたいおしゃれさんには特におすすめです。

f0106896_22425674.jpg
脱衣所のインテリアにも気を抜きたくない方に最適なのは本展で一番の大物はこちらのランドリーボックス。洗濯籠としてだけではなく、お子さんのおもちゃ箱にも。

f0106896_22425984.jpg
なんだかちょっと懐かしいお買い物かごみたいなツーハンドル。垂直に近いカタチに直立しているので、マガジンラックにもいいですよ!
by live-art | 2014-05-22 22:43 | 今週の展覧会 | Comments(0)