松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

【南室】アラフィア フェアトレードバスケット展(同時開催/宇野貴美恵展は下の記事)



f0106896_19091787.jpg
すっかり恒例となりましたアラフィアフェアトレードバスケット展。
今年もたくさんのバスケットがお目見えです。

f0106896_19090892.jpg
フェアトレードとは発展途上国の生産物を適正な価格で継続的に取引することにより、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みのこと。アラフィアのバスケットはその理念に基づいた生産体制と徹底した品質管理のもと、ガーナの女性達の手で一つ一つ真心を込めて編まれています。何より素晴らしいのは、その品質の高さ。サバンナグラスをしっかり撚って、きっちりと編み込んだ編んだバスケットは弾力もあり型くずれもしません。羊の革をあしらった持ち手もとてもしっかりしています。使い込むうちに手になじんで、艶も出て、愛着がふつふつと湧いてきますよ。大きなものだと20kg程度まで大丈夫なのだそう。

f0106896_13013071.jpg
把手がついていて、そこまで重いものを運べるものって、ちょっと考えてみても思いのほか少ないですよね....こちらのマーケットスタイルは現地で古くから作られている形です。我が家では<マーケットスタイル>をリビング自然にに溜まっていく本の収納に使っているのですが、たまりすぎた本を本棚へ戻しにいくときもカゴに入れたまま運べるのでとても便利。羊革の取手に伝わる重みを支える頼もしさといったらありません。ランチボックスと水筒とワンやリンゴやチーズetc...をたっぷり詰め込んでピクニックに出かけたい。現地では収穫物を入れていたのか赤ちゃんのベットになっていたのかはわかりませんが、使用感には昔ながらの生活に深く根ざした“道具”にのみ宿る、素朴で強い底力のようなものが感じられます。

f0106896_13013513.jpg
こちらの壺型のバスケット<vase>も同じく伝統のデザイン。把手がパタンと倒れるタイプなので、台所でタロイモを入れるのに使っていたのかも(笑)。それにしても美しい配色。約250人の厳選された編み手の方がいらっしゃるのですが、みなさん各々が好きな色を選んで染めて編んでいくのだとか。彼らはみなひとりひとりが優秀な職人でありアーティストでもあるわけです。

f0106896_19121978.jpg
二つのハンドルがついたベーシックなバック型ハンプトンも根強い人気。アラフィアのかごバッグは、ほかのアフリカ産のものと比べて決して格安ではありません。それでも、一度見て触って使って頂ければきっと納得していただけます。リピーター率もとても高い!


f0106896_13011990.jpg
シンプルですっきりしているのが都会的な単色も素敵。


f0106896_13011548.jpg
おしゃれ度upの、ニューベリー。
無地も素敵ですが、今回は美しい編模様のものも沢山入荷しました。


f0106896_19092482.jpg
350mlの缶ビールが4本綺麗にならぶくらいの大きさのミニも。和装にも似合いそう。



f0106896_19091181.jpg
こちらは昭和の買い物かごみたいな形のツーハンドル。
でもでも、モダニズムなマダムにも、こんなにもお似合いなんです!



f0106896_19092736.jpg
毎回人気が高いのに、数が少なくなかなかご要望にお応えできなかった
ショルダーのシリーズも今年は豊富です。写真は一部。昨年、残念だった方はお急ぎください!


f0106896_19093092.jpg
逆光で見えにくいのですが、猫の顔みたいなウィングスは、
左右のとんがりのおかげで中が見えにくいデザイン。
ちょっした外出にも下げやすいBabyサイズはプレゼントにもおすすめです。



*:* お知らせ *:*

5/20(水)〜25(月)まで webshop-オンラインギャラリーにて期間限定で、
アラフィアフェアトレードバッグを販売いたします。
ご遠方の方やご多忙でお店までお越しいただけない方は、是非一度ご利用ください。

shopアドレス: http://shop.liveart25.com

開店日の日中は実店舗と並行しての販売となりますので、ご注文後に品切れとなる場合もございます。ご了承ください。
※webshopでのお買い物は、実店舗が定休日の5/20(水)の終日、もしくは実店舗閉店後19:30以降のお買い物をおすすめします。
※お急ぎの方はお電話でのご注文もお受けいたします。













by live-art | 2015-05-14 19:13 | 今週の展覧会 | Comments(0)