松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

【北室】旅するとんぼ玉展  【南室】松下直人PCアート展...※一つ上に記事があります

f0106896_1711724.jpg
北室ではすっかり恒例となりました、とんぼ玉コレクター上田夫妻による、「旅するとんぼ玉展」が始まっています。

f0106896_1712074.jpg
今回はとんぼ玉のアクセサリーのほかに、中国、ベトナム、タイ、イスラムなどアジアの古陶磁も。

f0106896_1712481.jpg
古伊万里の色絵皿も。

f0106896_1712876.jpg
14世紀、ミャンマーの皿となんとも愛らしい馬の人形。鳥の花入。

f0106896_1713397.jpg
コンゴ・クバ族の草ビロードもたくさん!

f0106896_171433.jpg
ウラングラスはブラックライトを当てると青く光り出します。明治から大正にかけて、100年くらい前のものだそう。その時代に思いをめぐらせてみると、また思いがけないロマンや発見があるかもです。


f0106896_1715861.jpg
ためいきがでそうな銀化した古代ガラスの小瓶や杯。

f0106896_172154.jpg
インドとャンマー国境沿いに暮らすナガ族のかんざし。動物の骨を加工しています。プリミティブで魅力的なフォルムと線描。

f0106896_172452.jpg
こちらはなんと、食物倉庫のドア。アフリカドゴン族のもの。

f0106896_172892.jpg
もちろん、とんぼ玉のアクセサリーも満載です。こちらの大きまとんぼ玉は日本製。江戸時代に風鎮として使われていたものだそう。革紐とカレンシルバー、真鍮線でワイルドにアレンジされています。

f0106896_1721083.jpg
チップ状のミルフィオリでできたネックレス。花びらの首飾りのようです。

f0106896_172137.jpg
シックでゴージャスなこちらは、金のとんぼ玉に銀化した古代ガラス、天然石のフローライトで透明感を演出しました。

f0106896_1721631.jpg
夏に向けて。氷砂糖のようで涼しげ。古代ガラスのシリーズ。

f0106896_1721890.jpg
随時ワークショップも開催中。お気に入りの一品を作りませんか?
by live-art | 2015-06-11 17:05 | 今週の展覧会 | Comments(0)