松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

【南室】奥定一孝油彩画展 【北室】眞鍋喜久美・鶴井朋美ふたり展

【南室】奥定一孝 油彩画展
f0106896_14472655.jpg
本日より南室では愛媛大学名誉教授・奥定一孝さんの個展が始まっています。





f0106896_14471065.jpg
原風景にだぶらせながら積層した色面を組み上げていく。
これが長年のテーマとされている奥定さんの画法。


f0106896_14472159.jpg
原風景とは、幼き日、身体に染み付くように遊んだ瀬戸内の渚であり、
その渚のほんの小さな場所、薄い砂地の下の粘土層に形作られた独特の襞のこと。
渚は海と地の瀬戸際であり、生命のダイナミズムが生まれる場所。その足跡としての襞。



f0106896_14473233.jpg
津波のような、地熱のような盛り上がる大地のような地球のダイナミズム。



f0106896_14471628.jpg
人、社会、世界の渚。ここにもまた同じような波条や襞が刻まれているはず。


f0106896_14470537.jpg
エッチングの小品も。




【北室】眞鍋喜久美・鶴井朋美 二人展

f0106896_14464799.jpg
北室は一昨年から意欲的に作品を発表されているおふたり。
眞鍋喜久美さんと鶴井朋美さんの展覧会です。
カラフルでダイナミック、ジャジーな熱い音色が聴こえてきそうなこちらは、
眞鍋さんの大作です。


f0106896_14465119.jpg
酷暑にも、負けず劣らずエネルギッシュ。




f0106896_14464277.jpg
涼しげな白いアジサイも。



f0106896_14463894.jpg
いっぽう、鶴井さんの作品は小粒が味わい。



f0106896_14462803.jpg
鶴井さんの描く魚や動物やモノ達はみな、
すっとぼけた表情でちょっとシュールで、まさにワールドの住民なのだけれど....

f0106896_14461053.jpg
↑↑↑ title <そんなこともある>

こっちの世界の生活や日常が、
存外にエール(応援歌)のようにいっぱい詰まっているみたい。


f0106896_14463295.jpg
小粒ちゃん、だけじゃありません。





f0106896_14462337.jpg
ダンボールをはぎ合わせてできたきれいな色の魚。
なかなか爽快なタッチです。


f0106896_14461734.jpg
まっしろも。





by live-art | 2017-08-03 16:19 | 今週の展覧会 | Comments(0)