松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

2017年 11月 09日 ( 1 )

〜11/14 遠州流飯田宗翠一文霜月造作茶会 しつらえと茶道具展


f0106896_17471120.jpg
本日より、茶道遠州流飯田宗翠一門による展覧会が始まっています。お迎え花は、こんなに素敵。
飯田宗翠ことお馴染の彫金作家兼版画家の飯田みどりさんによるお茶花。
三角形の蓋付き花器は門下の一人鍛金作家の青山幸雄さんによるもの。銅製です。
草花の隙間からのぞく秋の水がとてもきれい。



f0106896_17250720.jpeg
洒脱な線描の屏風のむこうは.....



f0106896_17231683.jpeg
お茶席のしつらえが !
実は飯田一門は、切っての創作集団。
陶芸家・書家・鍛金作家etc....
本展は茶道具からしつらえまですべてが彼らによるもの。

f0106896_17240800.jpeg
書家の白晃さんによる掛け物は、蝋を筆に染み込ませて書いた「在眼前」の文字。
特殊な額装をしているのでライトを当てると和紙が透けて美しい。


f0106896_17234801.jpeg
f0106896_17353080.jpeg
風呂崎屏風、花器、水指、蓋置き、茶器etc....すべて社中作。

11/11(土)・12(日)には記念のお茶会もあります。
両日 13:00〜・15:00〜・17:00〜 (席料:お菓子付700円)
残席ある回もございますのでお問い合わせ下さい。


<一門メンバー>

飯田宗翠(風炉先・茶器)

青山幸雄(花入・建水他)

杉浦史典(茶碗・水差他)

杉浦綾(茶碗・菓子器他)

白晃(掛物)

中村英晢(茶杓・和歌)

中村千賀(和歌)

ヒシイミチコ(工房訪問記)





f0106896_17271930.jpeg
南室では茶道具展を開催中。




f0106896_17394407.jpeg
飯田みどりさんのコーナー。
お道具のほかにも、帯留めやブローチなども。
素敵な台はなんと、版画を刷った後の版木です☆


f0106896_17360977.jpeg
香合って宝物感まんさいですね。うっとり♡


f0106896_17362772.jpeg
鍛金で成形した銅にさまざまな色の漆を塗って仕上げた青山さんの茶器。
飯田さん作の蓋との眼福コラボも。




f0106896_17392241.jpeg
青山さんの銅の色が美しい花器や建水。


f0106896_17400337.jpeg
菓子皿などお求めやすいものもありますよ♬





f0106896_17444854.jpg
白晃さんの書が空間に凛とした空気を運んできます。


f0106896_17411818.jpeg
カジュアルでおしゃれな小パネルも。




f0106896_17364225.jpeg
社中外からのゲスト参加。
家具屋アカトシロさんのそれは美しい茶箱。
茶碗や茶筅もきれいに納まります。


f0106896_17402092.jpeg
ため息がでるほど清々しいエッジ☆


f0106896_17431953.jpg
番外編も。ごろ寝のお友に。
斬新なデザインの一輪挿しも素敵でしょう♡

f0106896_17274888.jpeg
杉浦綾さんの染付のお茶碗。
今日はお茶を頂いたのですが、なんとも楽しい気分。
お茶の味を愛でたあと、ほんの少しの緊張を保ちつつ、
リラックスした気分でゆっくりお茶碗の柄を拝見。



f0106896_17283525.jpeg
和柄のお皿、たくさんありますよ!


f0106896_17532179.jpg
そして杉浦史典さんの乳白色の抹茶碗。
シンプルでシャープな男前のお茶碗。

f0106896_17335245.jpeg
懐石はもちろん、お正月のお節料理なんかにも
大活躍してくれそうな小鉢や酒器もたくさん。







by live-art | 2017-11-09 17:55 | 今週の展覧会 | Comments(0)