松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【北室】木村ちかこアトリエK展示会 【南室】楽居布2007「あたたかい冬の暮らし」・秋冬

【北室】木村ちかこアトリエK展示会
f0106896_18343134.jpg



【南室】<企画展>楽居布2007「あたたかい冬の暮らし」・秋冬
f0106896_1833418.jpg

f0106896_18332791.jpg

by live-art | 2007-11-29 18:36 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜27日 北室:宮本博美版画展 南室:第29回絵夢の会彫金ギャラリー展

北室:宮本博美版画展
f0106896_1665824.jpg

松山市出身ギリシャ在住の宮本博美さん4年ぶりの個展です。メインは、創成期の写真製版の技法のひとつでもあるエリオグラヴューという技法の銅版画作品です。

f0106896_1672455.jpgf0106896_1673440.jpg2002年以来、版画制作のテーマは「草花の生成と循環」。

ギリシャエーゲ海の島を散策しながら集めた路傍の草、乾いた大地に季節が訪れると、陽光の中に必ず姿を見せる草花達。そして対照的な、スイスとフランスにまたがるジュラ/Jura州の緑深い山野に見つけた草花、木立。

今も原始を感じさせる二つの場所を行ったり来たりしながら、版画制作をしています。
(JURA州、名はジュラ期の恐竜遺跡の出てくる岩層から来ています)
(宮本)





南室:第29回絵夢の会彫金ギャラリー展

「彫金ギャラリー絵夢」彫金教室の皆さんの恒例の作品展です。シルバーを中心にK18やプラチナの作品の他、七宝焼きなど異素材との組み合わせによる力作も。宇和島水産高校も賛助出品しています。意外に男性の生徒さんも多いのだとか。

f0106896_1749193.jpgf0106896_17491231.jpgf0106896_17492337.jpgf0106896_17494277.jpgf0106896_1750028.jpgf0106896_17501315.jpg
by live-art | 2007-11-22 16:18 | 今週の展覧会 | Comments(0)

北室:グループ「人形たちの部屋  南室:気分は野ん具 フランス刺しゅうと絵てがみ 展

今回は、趣味の手づくり教室の合同発表会となりました。

北室:グループ「人形たちの部屋」30周年記念展
f0106896_1691871.jpg
人形作家・高橋満利子さん主宰の人形制作教室「人形たちの部屋」による30周年記念展覧会。良寛さんに群れ集う子らの風景は、高橋さんと生徒さん達による合作だそう。そのほか、お供馬の走り込みや、絵本作家で造園家のターシャ・テューダーの四季を描いた作品など、多数。

南室:気分は野ん具 フランス刺しゅうと絵てがみ 展
f0106896_1615734.jpg

絵手紙は、NHK文化センターで講師をされている北尾豊美の教室の皆さんの作品です。ハガキだけでなく、巻紙や和凧、行灯や、手提げバックなどもありバラエティ豊か。

f0106896_16154921.jpg
フランス刺繍は相原由枝さんの教室の皆さんの作品。額絵や軸絵、タペストリー、テーブルマット、クッションの他、屏風や家具の装飾の一部に...。日々の暮らしを彩るための、ひとはりひとはり。穏やかで明るい配色が素敵でした。
by live-art | 2007-11-15 16:09 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜13日 夢の創造二人展

西予市在住の熊谷進次郎さんと宇和島市在住の酒井聡子さんの二人展。熊谷さんは陶芸、絵画、空き缶を使ってつくったリサイクルアートを、酒井さんは、裂織と陶人形を出品。

f0106896_14234355.jpg

f0106896_14371989.jpg熊谷さんの作品は、なんというか天真爛漫で無邪気。絵を描いたり、モノを作ったりするのが楽しくてたまらない...といった風情。左は、空き缶を割いてつくったベスパ。よくできています。




f0106896_14363459.jpg
f0106896_14375853.jpg酒井さんの作品は、生みにおちる夕陽をテーマにした裂織の帯、それから、はんなりとした身のこなしがチャーミングな土人形。
by live-art | 2007-11-08 16:22 | 今週の展覧会 | Comments(0)

11/22〜11/27 宮本博美版画展

f0106896_17554058.jpg
松山市出身、ギリシャ在住の宮本博美さんの個展です。上の作品は、19世紀前半にヨーロッパで用いられていた、手づくりの写真製版技法を利用した銅版画である、エリオグラヴュールの使われています。銅版に焼き付けられた様々な植物の影は、濃く淡く折り重なって、紙の上に幻影のような美しい空間を紡いでいきます。

2002年以降、人間シリーズの後に続き、植物に取り組んでいます。雑草や樹木が長い時をへて、周りの自然環境に適応しながら、現在の生態、形を供え、自然界の変調を素直に表しているとおもえる。中には警句を残す事も無く、静かに消えていった数知れないもの。また時には、見る人の心像を映し出す、合わせ鏡のような姿でたたずむ。私の美的な関心を引き続けると共に、私に語り続ける生命イメージを、版画の多様な技法でとらえていきたいと思う。

f0106896_17562415.jpg
by live-art | 2007-11-05 18:43 | 過去の企画展 | Comments(0)

〜6日 【北室】森本猛個展  【南室】隅川直美水彩画展

【北室】<企画展>森本猛個展
f0106896_164808.jpg
宇和島出身、現在熊本市にお住まいの森本猛さんの個展です。森本さんの作品は、目で感じる触感が...こんな言葉はないでしょうが、<めざわり>がとても気持ちいいのです。
f0106896_16482037.jpgこの<めざわり>について、今日来て下さったお客様と楽しくおしゃべりをしました。ほっこり焼けた土ものの器?洗いざらしの木綿のシャツ?太陽の匂いがする干したてほやほやの蒲団?etc… 森本さんの作品の<めざわり>が醸し出すえもいえずに不思議なこの触感は、しかし、それでもリアルに懐かしく、それがまた不思議なのです(謎)。



【南室】隅川直美水彩画展「光のつぶやき」

f0106896_1649357.jpg

f0106896_16494823.jpgclear=all>松山市在住の隅川直美さんの個展。コマーシャル・イラストレーション制作の傍らに、描いたヨーロッパ風景の水彩画を多数展示しています。中には、旅先での発見や思いを直筆の文字で添えた作品も。いっしょにヨーロッパの街を歩いているような気持ちになれるかも。
f0106896_16504266.jpg

by live-art | 2007-11-01 18:14 | 今週の展覧会 | Comments(0)