松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<企画展>遠藤裕人陶展

f0106896_18285629.jpg


f0106896_18291040.jpg

by live-art | 2007-12-20 18:29 | 今週の展覧会 | Comments(0)

12/20〜12/15 遠藤裕人陶展

f0106896_1822639.jpg

by live-art | 2007-12-13 18:22 | 過去の企画展 | Comments(0)

12/6〜12/11 黒野丈治陶展

f0106896_18170100.jpg

by live-art | 2007-12-13 18:17 | 過去の企画展 | Comments(0)

11/29~12/4 あたたかい冬の暮らし楽居布2007AW 

f0106896_18133643.jpg

by live-art | 2007-12-13 18:14 | 過去の企画展 | Comments(0)

〜12/18 砥部焼窯元 工房一夢 開窯10周年 記念展「イチ厶 ホワイト」

【両室】砥部焼窯元 工房一夢 開窯10周年 記念展「イチ厶 ホワイト」

f0106896_15471312.jpg


f0106896_15472772.jpg陶芸家大西潤さんと美和さんご夫妻が運営する、砥部焼工房「一夢」の築窯10周年記念展。松山市出身の日本画家森庄平さんも賛助出品しています。ゆったりたっぷり豪快なフォルムが爽快。大鉢や筒花入などの大物の他、透明感あふれる白い磁肌を透かす釉の、静謐なブルーが美しい平皿や小鉢など。
f0106896_15533431.jpg【大西潤略歴】
1972年。砥部町に生まれる。松山南高等学校デザイン科卒業。愛知県立窯業技術専門校卒業。旧通産省名古屋工業技術試験所(現名工研)瀬戸分室で釉薬の研究をする。帰郷後、伝統工芸師白潟八州彦氏(八瑞窯)に師事。1997年、工房一夢開窯。横浜そごうをはじめ個展多数。


f0106896_16544727.jpg南室は、潤さんの成形し美和さんが絵付けを施したファンシーな砥部焼きが並んでいます。美和さんは、作陶の傍ら子供達にピアノを教えたり、合唱団の伴奏したりもなさっているのだそう。
f0106896_1655320.jpg右の写真は、変わり種・ありそうでなかったクッキーみたいなクリスマスオーナメント砥部焼き風。素朴であったか。この時期、プレゼントのラッピングにそっと添えてみてもいいかもしれませんね。


 

f0106896_15475181.jpgf0106896_1548928.jpg賛助出品の森庄平さんは三津浜のご出身。近年、「大漁旗研究会」を主宰。三津浜を始め、日本各地の漁師町に赴いて、大漁旗の研究をされています。近作には、大漁旗をイメージした日本画作品も。今回出展の絵画作品はは、工房一夢に居候して自ら制作したという砥部焼きの額で額装されています。その他、絵心満載、遊び心満載のお祝膳も愉快です。

(「大漁旗研究会HP」http://homepage3.nifty.com/tairyouki/)
by live-art | 2007-12-13 16:12 | 今週の展覧会 | Comments(0)

北室:黒野丈治陶展 南室:アトリ エガミイ版画・彫金展

【北室】<企画展>黒野丈治陶展

f0106896_1722630.jpg

f0106896_1714097.jpg兵庫県在住の備前焼作家・黒野丈治さんの個展。黒野さんの作品は、いわゆる「備前」というイメージとは、少し違う感じ。シンプルでありながらモダンで造形的なのです。けれどてもちろん、焼物の持つ炎や土の記憶をそこにはっきりと留めています。
 今回、いくつかの花器にお花を活けてみたのですが、とても楽しい経験でした。一見、重々しくかなり強い花器のような印象を受けますが、その形態に重力を跳ね返す仕掛けがさりげなく施されていたりするのです。目に見えないけれど、確かに感じられる力の行方に寄り添って活けてみるといいみたい。その手触りもあいまって、リフレッシュすること間違いなしです。

f0106896_1712793.jpg





【南室】アトリ エガミイ版画・彫金展

f0106896_17182132.jpg

松山市在住、版画家で彫金作家の飯田みどりさんと、現在京都で彫金の作家活動を展開している息子さん・邦啓さんのふたり展です。

f0106896_17185431.jpgモノトーンの自作木版画の上にディスプレーされた彫金のアクセサリー。花や、幾何学模様をちりばめた装飾的な作風。ほどよい艶めかしさが魅力。ブローチやペンダントトップの他、着物愛好者のみどりさんらしく帯留めの力作も。町人文化が花開いた江戸時代から残された根付けや帯留めなどを今でも目にする機会がありますが、遊び心のときめきが伝わってくるような、とても面白いものが多いです。この手の嗜好品には作り手を魅了する不思議な魔力があるのかも。


f0106896_17194440.jpg邦啓さんの作品は、ぐっと軽やかにぐっとカジュアルに。少しいびつな真鍮の輪が幾重にも重なったリングや、冬木か雪の結晶のような銀のかんざしなども素敵です。ほどよく抜けた力加減が、今の気分によく馴染みます。
by live-art | 2007-12-06 17:04 | 今週の展覧会 | Comments(0)