松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月11日(金)〜15日(火) 「白と花と器のあいだ」展

17人の造形作家と、いけばな草月流相原汀社中15名による花と器のコラボレーション。「白のかたち」をテーマに、”つくり手”がうつわをつくり、“いけ手”が花をいけます。白い部屋、白い器、白い花。リブ・アートのニュートラルな空間がどんな変容をとげるのか。花と器の関係性に留まらない、場や空間の創造を目指します。
 つくり手は、地元愛媛を中心に、徳島、大阪、石川、沖縄の陶芸家・ガラス作家のみなさんにお願いしました。勢いのある若手作家から、キャリアのあるベテランまで年代も、作品の傾向も様々。既成の枠にとらわれない抽象表現の花・草月流の相原社中のみなさんとのコラボレーションにご期待下さい。
 また、4月12日(土)15:00より、相原社中有志が、和歌の“連歌”から発想を得たライブパフォーマンス「連花」をいたします。

*_____*_______*_______*____________*

 いけばなライブパフォーマンス「連花」

 と き:4月12日(土)15:00〜
 ところ:ギャラリーリブ・アート北室
*_________*_________*______*_______*

[つくる]
陶器:石田誠・岡田威・遠藤裕人・勝部亮一・工藤省治・酒井芳人・篠原元郁・杉浦史典・中井恵美子・西岡秀典・西山千代子・浜岡健太郎・東恩納美架・山田雅之 
ガラス:西山芳浩・藤井哲信・森彩佳

[いける]
相原香汀・石川汀翔・海老原鳳梨・梶野薫汀・郷田裕佳子・玉井汀州・田丸春汀・田村汀風・長谷川枝美・長谷部美汀・冨士本恵子・松川草秀・芳野正子・米田汀夏・領家節子 




f0106896_13283131.jpg

by live-art | 2008-03-28 13:28 | 過去の企画展 | Comments(0)

北室:領家節子絵画展 南室:<企画展>藤井哲信ガラス展

北室:領家節子絵画展
f0106896_13135389.jpg
f0106896_1314571.jpg東温市在住の領家節子さんの絵画展。花のクローズアップがモチーフ。舞踏家の舞いをイメージして描いたというチューリップの連作も。


南室:<企画展>藤井哲信ガラス展

f0106896_13142778.jpg
f0106896_13144088.jpgレースガラスと藍色のコンビネーションで毎回好評の藤井哲信さんの個展です。40cm角の大きな美しいレースガラスの板皿は見ごたえ充分。脚に金彩を施したショットグラスなどオリエンタルなムードの新作も。
by live-art | 2008-03-28 13:25 | 今週の展覧会 | Comments(0)

<企画展>北:今井庸介銅版画展 南:額師風雅の額展

北:今井庸介銅版画展
f0106896_1222317.jpg

伊予郡松前町出身の今井庸介さんの久々の帰郷展です。
f0106896_1223365.jpg
f0106896_1224568.jpg


南:額師風雅の額展
f0106896_123389.jpg
f0106896_123141.jpg

by live-art | 2008-03-15 12:07 | 今週の展覧会 | Comments(0)

3月27日〜4月1日 藤井哲信ガラス展

f0106896_14313157.jpg
f0106896_14314327.jpg

by live-art | 2008-03-06 14:32 | 過去の企画展 | Comments(0)

3月13日(木)〜24日(月)額師風雅「額展」

f0106896_11522722.jpg


お待ちかねの額師風雅の額展です。

油彩画、水彩画、書はもちろんのこと、例えば、赤ちゃんのファーストシューズ、お祖母様の形見の櫛簪、小学生の子供さんが作った陶器の青いバイオリン、野球のユニフォーム、備前焼の破片、お遍路の白衣・半袈裟・金剛杖 etc...これらは、すべて風雅さんがこれまで額装してきた品々。平面作品から思い出の一かけらまでなんでも額装いたします。

サンプルの棹を見ながらご相談を承りますので、額装したい作品をお持ちの方は是非、会場まで現物をお持ち下さい。展示即売もいたしております。


【風雅在廊日】
3月13日・15日・16日・18日・22日・23日・24日
by live-art | 2008-03-04 12:03 | 過去の企画展 | Comments(0)

3月13日(木)〜24日(月) 今井庸介銅版画展「HOME」

f0106896_11291375.jpg


伊予郡松前町出身の銅版画家今井庸介さん久々の個展。
これまで、生まれ育った瀬戸内の魚類をモチーフに銅版画を制作してこられた今井さん。今回の個展は、視線を少しスライドさせて「誰も知らない不思議な港」がテーマなのだそう。送って頂いた作品写真を拝見すると、シュールで何やらミステリアスな気配。今井さん独特の古い外国の書物のようなセピア調の色彩が雰囲気を盛り上げています。

是非ともご高覧下さい。
by live-art | 2008-03-04 11:55 | 過去の企画展 | Comments(0)