松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

予告/美術家たちのオリジナル装幀展ーその2

開催直前!ギャラリーリブ・アート16周年記念
本を愛する美術家たちのオリジナル装幀展 
3/11(木)〜22(月) ※17(水)定休 ☆詳細はこちらから…

本を愛する美術家たちが、美にこだわってそれぞれの愛読書の為に特別に装幀、また読書グッズを制作して下さいました。手法は違っても、それぞれの個性・感性が光り、まさにオリジナルな一点物です。今回の装幀展に出品された作品ファイルと作家からのメッセージを、これから少しずつご紹介しましょう。・・その2
ご紹介しきれない作品も多く、興味を持って下さった方はぜひ会場にお越し下さいませ。

_____________________________________
木村 繁之:美術家
------------------------------------------
f0106896_21123461.jpg[1]「陶立体「詩人の旅」」




[2]陶立体「詩人の手」
[3]陶立体「知恵の器」


_____________________________________
神山恭昭:会社員
------------------------------------------
f0106896_21151810.jpg[1]「ハリセンボンの逆襲」椎名誠 著 文春文庫

<作者メッセージ>
この本の作者には有名な専属イラストレーターがいる。にもかかわらず、私が表紙の絵を描き、そこにねじ込んだのは私のことがこの本に出ているからだ。嘘だと思うんなら、185ページを見るがいい。
                         
自慢協会副会長 神山恭昭    

_____________________________________
兒玉 高次:木工作家
------------------------------------------
f0106896_2117364.jpg[1]「黄襞拭漆切り透し文机」

<作者メッセージ>
文机に座って本を読む



[2]「拭漆彫紋肘掛椅子」
[3]「和紙漆塗りブックカバー 」



_____________________________________
佐竹 貴美恵:染織家
------------------------------------------
f0106896_2126284.jpg[1]「ガダラの豚 Ⅰ」中島らも 著 集英社文庫

<作者メッセージ>
一昨年末のこと、息子が「中島らもの『ガダラの豚』おもしろいよ!読んでみる?」と言われ、読んだものです。先ず、表紙が気に入り、プロローグから一気に引き込まれました。宗教、超能力、呪術、舞台はアフリカ。私のツボを刺激してくれました。   



[2]「ガダラの豚 Ⅱ」中島らも 著 集英社文庫
[3]「ガダラの豚 Ⅲ」中島らも 著 集英社文庫
[4] BOOKポーチ



_____________________________________
茂本ヒデキチ:墨イラストレーター
------------------------------------------
f0106896_21323585.jpg[1]「影と蔭」 イアン・ランキン 著 延原泰子訳 ハヤカワミステリ文庫

<作者メッセージ>
イギリスの推理作家イアンランキンのミステリー。リーバス刑事が活躍する彼の表紙をシリーズで描かせてもらっている。その中でも珠玉の1冊をあえて 文字通りセルフカバーしてみました。
『隠れろ隠れろ隠れろ』憑りつかれたようにその言葉を繰り返していた青年は、不法占拠された住宅で怪死した。不思議な事件の始まり、彼の独特な世界を『謎』『隠れる』『闇』をテーマに表紙を描いたこの本ごと、さらに暗い闇の世界に閉じ込めてみました。



_____________________________________
清水 美三子:版画家
------------------------------------------
f0106896_21402069.jpg[1]『「いき」の構造』 九鬼周造 著 岩波文庫

<作者メッセージ>
「いき」でありたいと常々願っている。些細な行動にも「いき」かどうかは大切な判断基準となっているのだが、近頃この思いが強くなる一方だ。江戸っ子だからでしょ!と友に指摘され、そういうものかなと自分のルーツに思いを馳せたりしている。
若い頃これを読んでしゃんとした。が、再読してその奥深さが身に染みている。著者九鬼曰く、着物において「横縞よりも縦縞の方が『いき』であるといえる」とあるのだが、本の花ぎれに縦縞の黄八丈を使ってみたのがこの装丁のささやかなこだわりどころです。
  


[2]「菜根譚」 洪自誠 著 今井宇三郎 訳注 (岩波文庫)
[3]「菜根譚」 洪自誠 著 今井宇三郎 訳注 (岩波文庫)



_____________________________________
杉浦 綾:陶芸家
------------------------------------------
f0106896_2143539.jpg[1]陶人形:又三郎

<作者メッセージ>
 風が吹くたびにどこかに「又三郎」がいるのではないかと探したくなります。私の子供の頃の風の思い出を一瞬にして連れて来てくれる又三郎。彼はいつまでも子供で元気で少し孤独な男の子です。




_____________________________________
杉浦 史典:陶芸家
------------------------------------------
f0106896_21462494.jpg[1]「とりつくしま」東直子 著 筑摩書房

<作者メッセージ>
この世に未練を残し亡くなった人へ
生き還ることは叶えられなくても
ものとして生まれ変わらせてくれる、とりつくしま係。
とりつくしま係によって様々な物に生まれ変わった
様々な形の愛情あふれる短編集。
今回選んだものはその中の「トリケラトプス」という話。

交通事故により亡くなってしまった彼女は
夫の渉が愛用するマグカップをとりつくしまに決め
彼が気に入って買った恐竜トリケラトプスの
影絵のカップに生まれ変わった。

毎朝コーヒーを飲む渉の手に包まれ口付けされ
お湯で優しく洗われて水切りカゴに置かれる。
自分の姿かたちは変わってしまったけれど
毎日触れられ愛する夫の生活を見守っていられる。
いいものをとりつくしまに選んだと思っていたのだが
物語はその後、彼女は見たくないことも目にしてしまう。。。

今回の企画展のお話がある以前から
この本に纏わるものを造ってみたいと考えていたので
今企画は私にとって渡りに船でした。
中でも夫と妻の関係を描かれているこの話に一番心震わされ
何度も読み返す数少ない本のひとつです。

話の中に出てくるトリケラトプスのマグカップは
角の部分が渉のお気に入りで「ここがいいんだよ」
と指で触るので擦れて消えかかってるのです。
しかしその様にするとあまりに生々しく私には思えたので
今回製作したものは彼が博物館で買い求めた時の
マグカップという事にしました。
話を知っても知らずともご愛用のカップとなれば幸いです。




by live-art | 2010-02-28 21:49 |  ー10年装幀展 | Comments(0)

黒野丈治作陶展は、3月2日(火)まで!

皆様のお越しをお待ちしております。
f0106896_1663945.jpg

by live-art | 2010-02-27 16:04 | 今週の展覧会 | Comments(0)

予告/美術家たちのオリジナル装幀展ーその1

開催直前!ギャラリーリブ・アート16周年記念
本を愛する美術家たちのオリジナル装幀展 
3/11(木)〜22(月) ※17(水)定休 ☆詳細はこちらから…

本を愛する美術家たちが、美にこだわってそれぞれの愛読書の為に特別に装幀、また読書グッズを制作して下さいました。手法は違っても、それぞれの個性・感性が光り、まさにオリジナルな一点物です。今回の装幀展に出品された作品ファイルと作家からのメッセージを、これから少しずつご紹介しましょう。ご紹介しきれない作品も多く、興味を持って下さった方はぜひ会場にお越し下さいませ。

_____________________________________
荒川尚也:ガラス作家
------------------------------------------
f0106896_17151845.jpg[1]ガラスの小筥「完訳 聊斎志異」〈第2巻〉蒲 松齢 /著, 柴田 天馬 /翻訳) (角川文庫)

<作者メッセージ>
夜、眠りに入る前に必ず本を読む。それは昼間の諸事を夢の中まで持ち込まない為。聊斎志異は高校生の頃から枕元に置いている本だ。井上洋介氏の挿し絵がいい。

[2]ガラスブックエンド

_____________________________________
飯田みどり:彫金師
------------------------------------------
f0106896_17232071.jpg[1]「脳と魂」養老 孟司 著  玄侑 宗久 著 筑摩書房

<作者メッセージ>
数年前より茶道(遠州流)を始め、その根底に流れる禅に大変興味を持つようになり、又、心と脳の関係等も以前より注目しておりました。この本は、その両方を深く学んだお二人の対談であり、大変面白く新たな発見が沢山ありました。

_____________________________________
生嶋順理:版画家
------------------------------------------
f0106896_19335740.jpg[1]「名人伝ー李陵・山月記・弟子」中島 敦 著  角川文庫

<作者メッセージ>
読書好きな兄が、明治生まれの父の書棚から、読書嫌いな私に、短編のこの本を選んでくれました。以来数回読み返し、中でも「名人伝」は、絵を学ぶようになった自分にとって印象深いものになりました。



[2]「蛍川・泥の河」中島 敦 著  新潮文庫

<作者メッセージ>
自分の幼年期と土地は異なりながらも、時代背景が重なり、読みながら想い浮かぶ風景が懐かしく登場する人物達の思いに深く感じ入る2編です。



_____________________________________
井崎正治:木工作家
------------------------------------------
f0106896_2057593.jpg[1]「家出のすすめ」寺山修司 著 角川文庫

<作者メッセージ>
古い話というより、若い頃の話と言ったほうが、自分にとって都合のよい説明になるが、人並みにもの思う時期、本屋でなにげなく手にした寺山修司の本が「家出のすすめ」であった。臆病な私はこの本をきっかけに寺山作品のいくつかを恐る恐る読んでは鳥肌をたてたことを思い出す。今となっては懐かしい話である。未だに家出できず、帰る場所を確保し、楽な生き方ばかりに理由をつけて生きている。


_____________________________________
石井 喜久子:画家
------------------------------------------
f0106896_2033174.jpg[1]「吾輩は猫である」夏目漱石 著 岩波文庫

<作者メッセージ>
装幀の仕事は、魅力的で絵を描くよりも楽しそうだと常に感じていましたが、いざとなると私に選びたかった本は、単行本にはなく、すでに廃版になっていました。
 そこらからの苦労といったら、もう3ヶ月近く装幀のことばかりが重くのしかかり、とんでもない年末年始になってしまいました。
 しかし、今となっては、本当にすばらしい本に出会い、今後の読書の楽しみも広がり、このチャンスを与えて頂いたリブ・アートさんに心から感謝しています。今後の読書人口が増え続け、ますます世界をかけめぐる本の活躍を祈ります。


[2]「悩む力」 妾 尚中 著 集英社新書


_____________________________________
今井 庸介:銅版画家
------------------------------------------
f0106896_225628.jpg[1]「珊瑚」新田次郎 著 新潮文庫

<作者メッセージ>
山岳小説の多い新田次郎作品の中では、珍しい海もの。作家の存命中からのファンですが、これは没後に読みました。素直に感動しました。刻々と変化する天候描写は彼の真骨頂、大変ドラマチックです。読後、宝石店に珊瑚を見にいったことを憶えています。当時私は美大生で魚をモチーフに銅版画を描いていました。装幀やジャケットデザインにも興味がありました。彼の文庫版表紙はイメージショットっぽい写真が多く、内容とのズレを感じていました。この展覧会の話が来たときは、すぐにこの本が浮かびました。
 「珊瑚」そのままですが、この話はこれでいいのです。桃色か赤の絵にしようと考えていました。多分に、男うけのいい新田次郎ですが、これだけは桃色がいいのです。


_____________________________________
遠藤 裕人:陶芸家
------------------------------------------
f0106896_21195070.jpg[1]「羊をめぐる冒険」 村上 春樹 著  講談社文庫
       本箱

<作者メッセージ>
もう三十年近く前になるでしょうか、村上春樹の『羊をめぐる冒険』をむさぼるように読んだことを思い出します。とても面白かったとしか覚えていません。友人に勧められて読んだのか、記憶もあまり正確なものとも言えないぐらいに、時が過ぎさったことを思い知らされます。
確か、『僕』と友人『鼠』との青春・冒険綺談だった記憶しています。

本書の後に3部作の2作目の『1973年のピンボール』、1作目の『風の歌を聴け』とさかのぼって読んだと記憶しています。
もうすっかり、詳しい内容は忘れてしまいましたが、主人公が物語の最後で、神戸の須磨の海岸とおぼしき場所で泣く場面はなぜか覚えています。また、主人公がjazzを聞きながらビール(おそらくクアーズとおぼしき輸入の)を飲み、ビーフカツレツサンド食する、小戯れたスタイルのかっこよさに意味もわからず憧憬したものです。
当時美術家を自認してやまない、貧乏で自意識過剰の僕は、薄っぺらな憧れだけで、かなり気取って、ハムサンドを国産の安酒で、胃に流し込んでいたことを思い出します。たしか、安アパートの窓からは小田急線の電車がみえていました。
ま〜、なんと言う存在の軽さでしょうか。
なんて、未だにやってることは、当時とあまり変わっているとは思えませんが、若気の至りとお許しいただける頃の、青春の一冊でした。
この後、短編集『中国行きのスロウ・ボート』読後から、久しくご無沙汰をすることになりますが、地下鉄サリン事件をあつかったドキュメント、『アンダーグラウンド』といった大変な労作で再び出会うことになります。

[2]「コインロッカー・ベイビーズ」 村上 龍 著  講談社文庫
       ブックカプセル

[3]「常用字解」 白川 静 著  平凡社
       どびん・ゆのみ

[4]ブックエンド



_____________________________________
大林 陽子:クラフト作家
------------------------------------------
f0106896_2047822.jpg[1]「市塵」(上)藤沢周平 著 講談社文庫

<作者メッセージ>
読みかけの本とメガネとコインとキー。
春風さそわれて散歩に出掛けたベンチで…
立ち寄った喫茶店の片隅で…
ハードカバーにショルダーひもがつけられたら…
そんな発想から生まれたものです。


[2]柿渋和紙ブックカバー
[3]生成り純楮紙ブックカバー
[4]柿渋鉄媒染染純楮紙ブックカバー
[5]純雁皮紙ブックカバー
[6]牛革ソフトブックカバー
[7]牛革ソフトブックカバー(薄)

_____________________________________
越智 雅:切り紙作家
------------------------------------------
f0106896_20583825.jpg[1]「花はふしぎ」岩科司 著 講談社BLUEBUCKS

<作者メッセージ>
花の色を見る眼が違ってくるのは、いいことなのか、よくないことなのか、問題だ。


[2]「雪」中谷宇吉郎 著 岩波文庫
[3]切り紙模様栞
[4]切り紙模様ブックカバー


_____________________________________
鴨頭 紫朗:造形作家
------------------------------------------
f0106896_21574868.jpg[1]「人間人形時代」 稲垣足穂 著 工作舎

<作者メッセージ>
以前から、使われなくなった細工の良い家具や調度品を作品として再生したいという思いがありました。又、お気に入りの拾ったガラクタや集めたパーツを何かに生かしたい。そんな願望が、今回の「本の装幀展」の作品として形になりました。

[2]「オイスター・ボーイの憂鬱な死」 ティム・バートン 著 

[3]「毒薬の手帖」 澁澤 龍彦 著 




_____________________________________
鴨頭 みどり:陶人形作家
-----------------------------------------
f0106896_22105594.jpg[1]「ブリキの太鼓」ギュンター・グラス 著 高本 研一 (翻訳) 集英社文庫 ×3シリーズ

<作者メッセージ>
確か初めて読んだのは20代の頃。奇妙で不思議な世界が何故か手放せず、時々読みます。3部で成り立っていますが、1部が気に入っていて、2部3部を読みながらも、何故か1部に戻ってしまいます。今回のような形でもの作りをしたことがなかったので、おもしろい経験でした。

[2]「鳥 陶箱」



_____________________________________
木下 恵介:版画家
------------------------------------------
f0106896_2219897.jpg[1]「街道をゆく30 愛蘭土紀行 1」司馬遼太郎 著 朝日文芸文庫

<作者メッセージ>
文化庁の在外研修でアイルランドに行ったときのこと、坂の上の雲繋がりもあり、司馬遼太郎の本を選びました。間接的に松山に関係しているかなと思います。アイルランドは緯度が高く、ヨーロッパの外れに位置していることから、荒涼として寒い国というイメージがありますが、実際は緑の嶋と言われるように緑が豊かな国です。国旗の色がグリーンのところからも想像できるかもと思います。女学生の制服もグリーンなんですよ。ですから僕の中のアイルランドのイメージは緑なんです。そこから緑と植物を使った装幀を考えました。

[2]「虎よ、虎よ!」ハヤカワ文庫 アルフレッド・ベスター Tiger!Tiger! Alfred Bester




_____________________________________
<その他の更新履歴>
☆「今週の展覧会」に黒野丈治作陶展の情報をアップしました。ご覧下さい。
文殊理さんの小鬼達もショップにて販売しております。

_____________________________________
by live-art | 2010-02-26 13:21 |  ー10年装幀展 | Comments(0)

黒野丈治陶展開催中です

「本を愛する美術家たちのオリジナル装幀展」の情報をアップしました。

_____________________________________

備前焼作家・黒野さんの陶展開催中です。
今回もまた、とても魅力的な花器がたくさん。

f0106896_1146991.jpg
中でも圧巻なのがこちらの花入れ。中に挿したちゃがらの木が1m以上もあるので、随分、花器が小さくなってしまいましたが…。高さ40cmくらいある花器です。

f0106896_11462180.jpg
クローズアップ。真正面から撮った写真です。口の形が、長方形をひしゃげさせた平行四辺形。だまし絵みたいですが、奥行きは4cmくらいの平たい花入れ。そのひらたさがシャープな印象を与えます。正面手前の角の一点を機軸に、左右の底が反り返っているのがおわかりしょでようか?重力を上に向けるしなやかさと、軽さ。ほんのちょっとしたことのようですが、この力の作用が枝や茎のラインと呼応したとき、そこはかとない生命力が生まれたりします。

f0106896_11441184.jpg
灰被りの掛花は、チューリップの花とも葉っぱとも良く似た、やさしい形でした。

f0106896_1144333.jpg
こちらの、丸木舟のような花器は、チャコールにうっすら薄紫。

f0106896_11442189.jpg
古代の銅鐸のようなかたち?裏を向けると、ダイナミックな窯変の柄が表れます。

f0106896_11444417.jpg
こちらは花器にもよいけれど、大皿にもいいです。ロクロで作ったお皿。壺のうちがわのような、ろくろのあとが個性的です。木の芽をたくさん入れた筍の煮物なんてよく似合いそうです。
by live-art | 2010-02-26 12:06 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜3/2 <企画展>黒野丈治作陶展

「本を愛する美術家たちのオリジナル装幀展」の情報をアップしました。

_____________________________________

f0106896_15105488.jpg
兵庫県佐用町の備前焼作家・黒野丈治さんの、リブ・アートでは2年ぶりの個展がはじまりました。

f0106896_1526890.jpg
窯変の赤が力強くも美しい花器。のぼり窯で10日間、日昼夜を通して焼締めるという備前焼。炎の焚ける色、匂い、音、湿気などの変化を肌で読みながら、五感を全開にして焼きあげるのだとか。

f0106896_15255080.jpg
六寸・七寸皿、サラダボール、大鉢、湯呑などの食器もあります。使い込むにつれて、気持ちよい照りが出てくるのも備前の特徴。愛着もひとしお。

f0106896_15262254.jpg
偏壺も、これらの四角い花器もすべてロクロで引いてつくるのだとか。面のしなりが気持ちいい。

f0106896_15112613.jpg
シャープなフォルムを覆う備前の肌の地熱のような、プリミティブな底力には、ダイナミックな花材を…と思い、灰被りの掛花には、かなり太い野性の藤蔓の線と椿を合わせてみました。やはり。ぴったり。気持ちいい!

f0106896_15241574.jpg

by live-art | 2010-02-25 15:36 | 今週の展覧会 | Comments(0)

黒野丈治陶展目前です!

f0106896_18171210.jpg
2/25から始る企画展は、備前焼作家・黒野丈治さんの2年ぶりの個展。黒野さんの作品は、プリミティブで力強い肌合いとシャープで現代的なフォルムが魅力。例えば上の写真の四角い新作花器なども、敢えて板作りにはせずに、ロクロの遠心力で土を引き揚げるとういう過程を経ることによって、土に重力の気配を残すのだそうです。多分、そのこととも関係があるのだと思うのですが、前回、黒野さんの花器に花をいけたとき、非常に爽快な使い心地だったのを覚えています。植物の線の呼吸に器のラインの方が、さりげなく寄り添ってくれているような…。いけ花をされる方には特に、是非一度、ご覧頂きたい陶展です。それから、もうひとつ、おどろいたのは備前の花器にいけた花のもちのよさ。花や枝や葉が、会期中ずっと色艶良くパリッとしたままだったのです。花を生かすうつわ。そんなうつわですから、ビールやごはんも美味しくします。酒器や湯呑、皿や小鉢など食器類にもご期待下さい。
by live-art | 2010-02-22 15:39 | 過去の企画展 | Comments(0)

宮川淳一郎 展 ー SUBUNE・地文 ー

宇和島市在住の画家・宮川淳一郎さんの個展が始りました。
テーマは地文、それからSUBUNE…?

f0106896_17214655.jpg
SUBUNEは、スブネと発音します。
そして、漢字では「素舟」…と書くのだそうです。

f0106896_17304464.jpg
深いネイビーブルーに白い逆三角形がうつくしく浮かび上がっています。角の一点を支えに、ほのかな傾いていますねぇ..。なんとも自然でおだやかで、ここちのよい傾き方だなぁ…。

f0106896_17221349.jpg
さて。じゃじゃん。こちらが、当の素舟のスケッチ。素舟は奄美大島に伝わる丸木舟のこと。大きな木をくり貫いて、つくられています。なんと宮川さん、実物をお持ちなんだそうです。あのなんともおおらかで気持ちのよい逆三角形はこの舟の船頭部、つまり顔の部分のイメージだったのですねー。

f0106896_17212378.jpg
油彩の大作もたくさん。フォルムも配色も大胆で、かつすっきり澄んでいて、とても気持ちがいいのです。

f0106896_17222886.jpg
こちらは最新作のシリーズ。

f0106896_1727182.jpg
独特のマチエールは、東南アジアの和紙し使用しているのだとか。ほんとに魅力的なマチエールなので、是非とも会場でご覧下さい。


f0106896_17215876.jpg

by live-art | 2010-02-18 17:39 | 今週の展覧会 | Comments(0)

~10/16 大西壮一郎個展

大西壮一郎さんの個展がはじまりました。
じゃじゃん。こちら↓北室風景.....
f0106896_1244532.jpg
ぬめっとした触感の、深緑色の塗料で厚く塗られた平面が拡がる床。緑色が深い分、緑の透き間を塞ぐように敷き詰められた用紙の白の照り返しが目を射すように眩しく見えます。うっすらとですがあまずっぱい塗料の匂いもしています。

初めて見る方は少々戸惑われるかもしれませんが、是非とも、靴を脱いで作品の上に上がって作品を体験して下さい。そしてそのまま、(あんまり難しいことは考えないで)ただ自分の身体や心がどんな風に動いたか、観察してみるのもいいかもしれません。それからその時の、心や身体の反応に似合う漢字一字をいくつもいくつも探してみる…なんてゲームをしてみるのも面白いかも。

f0106896_11565614.jpg
朝から小さなお子さんも何人か来られているようです。事務室から観察していると、作品の上を元気に走り回る子も、不安で泣き出しそうな子もいる模様(笑)。

f0106896_11571258.jpg


☆近日公開企画展情報に黒野丈治作陶展をアップしました。こちらもご覧下さい。
「本を愛する美術家たちのオリジナル装幀展」の情報もご覧下さい。
文殊理さん特製招き猫もショップにて販売しております。

by live-art | 2010-02-11 11:58 | 今週の展覧会 | Comments(5)

3/11(木)〜3/22(月)の装幀展のリーフレットができました

文殊理さんの小鬼達もショップにて販売しております。
_____________________________________

3月はリブ・アートの誕生月。お祝い好きのオーナー森田が意を決して企画した展覧会、その名も「本を愛する美術家たちのオリジナル装幀展」 。県内外、絵画、工芸、各ジャンルの美術家61名が参加して下さいます。先日、やっとリーフレットの校了が終えました。(デザイナーKさん、写真家Kさん、ほんとうにお疲れさまでした!)ひとあしお先にこちらにアップいたします。

ワークショップ、講演会等の特別催事も計画しております。詳しくは、ひとまずこちらをご覧下さい。

※画像をクリックすると読みやすい大きさになります。

f0106896_1623941.jpg
f0106896_16233255.jpg

by live-art | 2010-02-10 16:24 |  ー10年装幀展 | Comments(0)

〜2/9 高見和秀洋画展 


f0106896_1556599.jpg
大洲市在住の画家・高見和秀さんの個展が始りました。スケッチ旅行で訪れたイタリア風景の油彩画を中心に40点余りの作品を展示しています。こちらは、ベローナの風景。


f0106896_1675572.jpg
こちら最新作の小品郡。からりと軽やかに晴れ渡った空。太陽の光線を受け、家々の影が浮かび上がっているのが、とても印象的。きもちのよい作品です。

f0106896_1674121.jpg
南室には100号の大作がズラリ。間近で見ると、鱗のように細かなタッチとその密度の深さに驚かされます。

f0106896_1555345.jpg



f0106896_16363494.jpg文殊哩さんの傑作招き猫を入荷しました。こちらもclick!
by live-art | 2010-02-04 16:31 | 今週の展覧会 | Comments(0)