松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

〜2/1 その2 企画展<南室>「問わず語りの猫たち」展

f0106896_15512113.jpg
南室では、「問わず語りの猫達」展開催中....

f0106896_15513815.jpg
版画家でもあり、陶彫刻の作家でもある木村繁之さんの黒猫。繊細で詩的な不思議な存在感。木村さんのテラコッタ作品は、現在愛媛新聞の生活欄で連載中の、南木佳士さんのエッセイの挿し絵として掲載されています。

f0106896_15514422.jpg
こちらは、和紙の繊維のほっこりと優しい風合いを活かした徳富直子さんの石猫。ほわほわ感がたまりません。

f0106896_15515819.jpg
アリスのチェシャ猫みたいに不敵に笑うファンタジックなこちらの猫は鴨頭みどりさんの陶猫。ピンと立ったしっぽが立派。

f0106896_155258.jpg
鴨頭さんのパートナー松永泰樹さんからは、ユーモラスな線描の猫が付いたのマグカップが届きました。

f0106896_15521046.jpg
ホームスパン作家の窪田敏子さんの力作のポンチョ。フェルトなのでものすごく暖かいそうです。タペストリーみたいにお部屋に飾ってもよさそうですね。

f0106896_15521578.jpg
こちら、とんぼ玉作家の河部哲二さんの猫玉。シルバーのチョッキを着てるんですよ(笑)。他、玉乗り・玉遊びをする猫などもあり。

f0106896_15522538.jpg
文殊哩さんの起き上り小法師の福猫も参戦しています。


                ★   ★   ★

f0106896_1552323.jpg
猫に混じって、鴨頭さんの兎のお雛さまも☆
by live-art | 2011-01-27 15:53 | 今週の展覧会 | Comments(0)

~2/1 その1 企画展<北室>多久嶋玲子個展

本日よりネコ展が始りました。
朝からネコ好きの方々のネコ談義でにぎやかです。


<北室>多久嶋玲子の「ネコどっと混む」展
f0106896_13311999.jpg
さて、北室はお馴染のネコ作家・多久嶋玲子さんの個展。フロアには、このように…“とある日常”が再現されております(笑)。

f0106896_13361326.jpg
          こんなところや...
f0106896_13314333.jpg
          こんなところや...
f0106896_13314787.jpg
          こんなところにも....

f0106896_1332987.jpg
人気の立体イラストも約100点展示しています。
f0106896_1332590.jpg

by live-art | 2011-01-27 13:35 | 今週の展覧会 | Comments(0)

1/27〜2/1 多久嶋玲子の「ネコドッと混む」& 問わず語りのネコ展

f0106896_17195824.jpg
いつもユーモアあふれる多久嶋玲子さん(松山在住)の様々なネコ模様。今年を表わすネコは一体どの子でしょう?紙粘土と磁器土によるネコの立体表現の展覧会。 

f0106896_17212999.jpg

鴨頭みどりー陶の招き猫
木村繁之ーテラコッタ
窪田敏子ーフエルト作品・クッション・ベスト
スミダヒロミー版画
徳富直子ー石猫
by live-art | 2011-01-20 17:24 | 過去の企画展 | Comments(0)

〜25日(火) 陽山窯 水野澤三・雅之 父子茶陶展

☆近日公開企画展情報に次週からのねこ展のお知らせをupしました。こちらもご覧下さい。


f0106896_1535385.jpg
岐阜の窯元・陽山窯の水野澤三さん、雅之さんのよる茶陶展が始りました。

f0106896_15351889.jpg
古来よりの方法を用い、穴窯に薪焼成で焼いた、志野・古美濃、美濃野...
信長の時代に「日本の焼き物による茶道」のために考案された茶陶器なのだそう。

f0106896_15351012.jpg
自然と人為の境に独特の美を見いだした、古来の日本の美意識の奥深さ。私Y田、茶道も茶陶もお茶花のこともよく知らないのですが、こういう花器とは謙虚な気持ちで対峙しなければならないような気がします。そうすれば、花器がなにかを教えてくれそうな....

f0106896_1535166.jpg
お父様の澤三さんは、昨年、土岐市無形文化財【瀬戸黒の技法】保持者に認定されました。

f0106896_15352213.jpg
会期中は、松山の裏千家の先生方がお呈茶を担当して下さっています。
by live-art | 2011-01-20 15:59 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜1/18(月)<企画展>現代作家人形展—その2

f0106896_1924368.jpg
南室は雰囲気を替えて...

                ★

こちらは、一回目から参加して下さっている京都の河野滋子さんの静謐な作品。
f0106896_1922045.jpg
アンゼルム・グリューンの著書『50の天使』、『魂にあふれる50の天使』より着想を得た天使たちの像なのだそう。上は「交わりの天使」。

f0106896_1924018.jpg
「感銘の天使」。
目には見えないけれど、大切ななにか。

f0106896_1923344.jpg
「愛の天使」。
妖精や天使や、神々もきっと、そういうなにかのひとつ。

f0106896_192279.jpg
「やさしさの天使」。
そんな大切ななにかに、仮の姿を与えるのが滋子さんの仕事です。

                ★

f0106896_1953416.jpg
愛知の木工作家・井崎正治さんは、ふっくらと豊かであたたかい木彫作品。
f0106896_1952289.jpg
なんなんでしょう、井崎さんの創る丸とか球の愛おしさって一体!?
f0106896_1954299.jpg
シンプルでフォルムのよいスツールも。
f0106896_1954053.jpg
額も、トレーも姿や細工の美しさにほれぼれ。

                ★


f0106896_19311595.jpg
こちらは、三重県の杉野圭子さんの陶の作品「波照間の夕」。360°どの角度から見ても美しい立ち姿。


                ★
文殊哩さん主催の人形教室からは6名の方が出品して下さいました。
f0106896_1910536.jpg
こちらは平松文さんの作品。着物の裾までていねいに仕立てられています。
f0106896_19101023.jpg
こちらは、石川かおりさんの作品。プロ並の力作☆








 
by live-art | 2011-01-06 19:19 | 今週の展覧会 | Comments(0)

~10/17(月)<企画展>新春現代作家人形展-その1

皆様、あけましておめでとうございます。
よいお正月を過ごされましたか?
今年もはりきってまいります☆

2011年事始め、恒例の現代作家人形展が始まりました。
クオリティが高く魅力的な作品が揃っています。お見逃し無く!

さて。こちらが北室風景....
f0106896_18152882.jpg


トップバッターはこちら。
愛嬌たっぷりのふくよかさがトレードマークのの高橋操さんのお人形。
今年は歌舞伎シリーズです。
f0106896_1815584.jpg
絢爛豪華な衣装を身に纏った花魁、揚巻。背中にはケレンな伊勢エビを背負っています。
f0106896_18161126.jpg
出ました、助六!
f0106896_18164055.jpg
躍動感あふれる弁慶も。
f0106896_18164643.jpg
小さくて可愛らしい指人形は、お求めやすい価格です。

                        ★

f0106896_18182040.jpg
続きまして、お馴染、東温市在住の文殊哩さんの作品。ずらりと並んだ12体、テーマは「十二神将」。十二支のイメージを勇壮な少年戦士の形に置き換えてイメージした12体。
f0106896_18184362.jpg
ワタクシ的に一番イケメンだと思ったのは、午年の子でした(笑)。

f0106896_1818482.jpg
今年の干支、卯年の少年にはエクボがかわいい....
f0106896_18193286.jpg
玉乗りゾウ.....こちらも文殊哩作品。その他、とてもふくふくしい招き猫なども。

                        ★

f0106896_18194823.jpg
続きまして、松山市在住の高橋満利子さんの作品。テーマは、竹久夢路の世界。艶やかにしどけなく大正ロマンが薫り立ちます。

f0106896_18225956.jpg
大正風のモダンな着物。帯や小物の合わせ方、衿の緩め方など、なんとも粋にこなれています。

f0106896_18231042.jpg
たっぷりゆったり結った黒髪も.....
f0106896_18231545.jpg
いろっぽーい....

f0106896_18242834.jpg
満利子さんの教室の生徒さん達は<うさぎの花嫁行列>を出品して下さっています。小物やシュチエーションなど凝っていてとても楽しい作品です。
by live-art | 2011-01-06 18:24 | 今週の展覧会 | Comments(0)