松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

〜5/30 第7回 菅野しおん展

近日公開企画展情報に…
☆額師風雅の『額の中の物語』展、額装・エピソード募集のお知らせ。
☆6/2〜『山本容子版画展』/6/23〜『楽居布展』/6/30〜『杉浦綾陶展』のご紹介
…をアップしています。こちらもご覧下さい。


菅野しおんさんの個展が始りました。
今回で7回目になるのだそう。

f0106896_1571527.jpg
入口では、太陽みたいな顔の絵がお出迎え。


f0106896_1575784.jpg
『夢のくにへの道』

f0106896_1582515.jpg
『踊るろうそく』…ですって。かわいい(笑)。


f0106896_159647.jpg



f0106896_15482865.jpg
『奏でるひまわり』シャンシャン、とか、音が鳴るのが聞こえるみたいだから不思議です。


f0106896_1547526.jpg
『星の空』これまであまりなかったグレイッシュで幻想的な作品も。


f0106896_1583159.jpg


by live-art | 2011-05-24 15:11 | 今週の展覧会 | Comments(0)

思い出の品募集中です!

※ひとつ下の記事に6月の企画展情報upしております。こちらもご覧下さい。


Flame your memory
ー額の中には、その人が大切にしてきた自分だけの物語があります


7/14(木)〜7/24(日)まで開催予定の「額の中の物語」展に向けて、額装品とエピソードを募集しております。あなたの宝物や想い出の品を額装して展覧会に展示してみませんか?


f0106896_16352044.jpg
額装例/少女時代のアイドル、ピンクレディのボトルフィギュアの揃い組


episode 例
小学校時代のスーパーアイドル「ピンク・レディ」。当時内気で鍵っ子の私が、参観日のお楽しみ会でミイちゃんになっている姿を見て、瞬きもせず驚いていた先生と母の顔を今でも鮮明に覚えている。新曲ごとに苦労をして、真似て作った衣装、限られたお小遣いから競って集めたグッズたち。
 復活コンサートのピンクレディは昔よりずっとキレがあり、トウの立った少女たちを当時以上にくぎづけにさせてくれた。それぞれの今や昔の想いを胸に、一緒に歌い踊りまくった。バックバンドの生演奏にも心奪われた。こんなにビートのきいた難度の高い曲だったんだ…と感動。
 私は今いわゆるオヤジバンドの一員だ。今思うに、私の音楽のルーツはまさにピンクレディ様々だった…のかもしれない。一人だけ世代も性別も違う私に、メンバーの一人が心弾むプレゼントをしてくれた。そのヒットソング一曲一曲に当時の思い出が蘇る。
 そして何となく将来に楽しみを描いている。いつか必ず中年太りのピンクレディたちの同窓会をしよう、と。その時はケイになりたいと想い始めた。いや、でも…オヤジバンドで今からピンクレディナンバーの練習か…!?
青春時代を駆け抜けた大スターよ、ありがとう。昭和に、この時代に生まれてよかった!! (H.I) 


200字〜600字程度のエピソードに氏名・住所・電話番号・額装の際のご希望等を、添えて6月中旬くらいまでに、ギャラリーリブ・アートまで、額装したい品をお持ち下さい。
*展覧会場では、額装品にお書き頂いたエピソードを添えて展示いたします。詳しくは上記のエピソード例をご覧ください。
*エピソードは、基本的には各人のお名前を記載しての展示となります。匿名を希望される方は前もってご連絡下さい。
*展示作品に限り、定価の2割引でお作りいたします。
*額装品のお渡しは、展覧会終了後とさせていただきます。


もっと詳しく知りたい方は、額師風雅さんのブログをご覧ください。
by live-art | 2011-05-23 16:28 | 過去の企画展 | Comments(0)

6月の企画展情報ーワークショップの募集もあります!

f0106896_1503191.jpg

6/2(木)〜6/13(月)「山本容子版画展」終了しました
今回の山本容子展は、江國香織の長編童話『雪だるまの雪子ちゃん』のために制作されたシリーズがメイン。あいらしく、りりしい野生の雪だるまの女の子雪子ちゃんの毎日は、生きることのよろこびがあふれています。そのほか、『オデット』、『わたしの時間旅行』、『デューク』、『シェイクスピアのソネット』等のシリーズの中より新旧取りそろえ、約70点を展示販売いたします。初夏ですが、かわいい雪子ちゃんの版画でお涼み下さい。


                 


f0106896_15235845.jpg

6/23(木)〜6/28(火)楽居布2011・夏「風と水のおくりものー麻のちからー」
ひんやりしゃりしゃりの麻素材で、エコに、快適に蒸せる夏を乗り切りましょう。今回は、近江上布のお洋服はもちろん、麻100%のスローケット(ダブルガーゼや麻五重折り、椿オイルリンス仕上げ他)等の寝具やのれんも各種取りそろえ、充実の品揃えでお待ちしております。

f0106896_15135992.jpg


                 



f0106896_15223492.jpg

6/30(木)〜7/5(火) 杉浦綾陶展
日々の暮らしを大切に、毎日を明るく楽しく演出するー砥部町在住の陶芸家杉浦綾さんの陶展。砥部の磁土をタタラで成形後、古典模様をポップにアレンジして施した、おしゃれでカジュアルな染付や、おめでたい日の食卓にもぴったりのカラフルでキュートな色絵山水のうつわなど。


また今回は、杉浦さんのうつわを日ごろからご愛用の方々に、彼女のうつわに盛った手料理を写真撮影して頂き、パネルにして会場に展示(※)いたします。さらに、7/1(金)には、フォトスタジオ「ブサルダダ」よりプロのフォトグラファーを講師にお迎えして、お手持ちのデジカメで撮影する“おいしい料理写真”術のワークショップを開催します。


参加募集中!
<ワークショップ> 
「ブサルダダの“かんたん・おいしい料理写真”術」

講師:「フォトアートブサルダダ」 フォトグラファー
    白石圭氏 ・藤井啓司氏

日  時: 7月1日(金) 13:30〜15:30
持参品: お手持ちのデジタルカメラ、あれば三脚 
参加費: 500円 定 員:15名(要予約)
  問: ギャラリーリブ・アート 
       tel/089-941-9558  mail/ live-art25@w4.dion.ne.jp 

※杉浦綾さんのうつわをお持ちの皆様へ
お料理写真のパネル展示にご参加下さる方がいらっしゃいましたら、撮影した写真をメールでリブ・アート(live-art25@w4.dion.ne.jp)までお送り下さい。その際のデータはできるだけ大きなサイズでお願いします。

by live-art | 2011-05-23 15:25 | 過去の企画展 | Comments(0)

アメリカン・フラワー ディップアート’11

f0106896_12335958.jpg

「アメリカン・フラワー」の展覧会が始りました。写真は、1メートル以上もある爽やかなお迎え花。
会期は、本日5月21日(土)と22日(日)の二日間のみですので、お花の好きな方はぜひどうぞ。
アメリカン・フラワーは花びらや葉・茎の輪郭を細いワイヤーで型取り、色で染めたディップにつけて透明感のある花々。

会場風景:
f0106896_1329851.jpg

f0106896_133017100.jpg

プリザーブドフラワーをなさっている娘さんとのコラボ。ガラス質で透明感のある少し硬い感じのあるディップアートと柔らかい質感のプリザーブドの花が巧くミックスして、両方の良さが引き立て合って丁度よいですね。
センスと工夫次第で、天然の花には出せない世界が創出されて、可能性が拡がるようです。
その方々の持ち味が生かされるので、作品は様々。
f0106896_13392127.jpg

f0106896_13483990.jpg

f0106896_13561364.jpg

by live-art | 2011-05-21 13:51 | 今週の展覧会 | Comments(0)

<企画展>綿引明浩展開催中です。

☆ひとつ下と、もうひとつ下に土日に開催したワークショップの記事を更新しています。ご覧下さい。

f0106896_15464638.jpg
『街にくり出す赤いチェスと青いチェス』50×50cm アクリル、キャンバス

主人公の赤チェス・青チェスの他にも、絵の中にちらばる顔のないキャラクターたち(顔がないのに表情豊か)。彼らのひとりひとりが違う物語の途中にいるみたい。沢山の物語がひとつの絵の中ですれちがう、なんともファンタジックな時空間を描いた作品。カラフルなライトトーンがお部屋を生き生きと、アーティスティックにしてくれそうです。

f0106896_14511959.jpg
『アップルNの食卓』『アップルHの食卓』ともに15F アクリル、キャンバス

シュールでユーモラスなアップルフェイスシリーズ。


f0106896_1452839.jpg
ここにもアップルフェイスが。幸せな甘酸っぱい香りが漂ってきそうな作品。こちらは、アクリル板を4枚等間隔に立てて並べた立体作品。


銅版画作品もお見逃しなく。
f0106896_1521717.jpg
『MUSEO ACT6』47.5×78.5cm

f0106896_15241836.jpg
『音叉の人』38.2×30.0cm
f0106896_15242378.jpg
『ささやき天使』14.5×20.5cm
f0106896_15242645.jpg
Zio『大好きな小父さん』18.0×17.5cm
by live-art | 2011-05-09 15:03 | 今週の展覧会 | Comments(0)

透明な絵画・クリアグラフのワークショップ 2日目

f0106896_1215122.jpg
ワークショップ2日目。前日のワークショップで描いたヘビの絵が、力強くてキュートだった小学生Hくんが、この日もまた参加してくれました。それから、運転手として来られていたHくんのお父さんも急遽参加することになったり、展覧会を見に来られていた額師の風雅さんご夫妻が、途中から、飛び入り参加したり…。どさくさに紛れて私と森田もチャレンジしてみたり…(笑)

f0106896_1215673.jpg
こどもはもちろん、おとなもいつの間にか熱中してしまいます。
f0106896_122034.jpg
色に触れ、色と戯れ、色に癒された2日間でした。


この日の作品はこちら。
f0106896_1220398.jpgf0106896_12203192.jpgf0106896_12203475.jpgf0106896_12204312.jpgf0106896_1220468.jpgf0106896_12205159.jpgf0106896_12205538.jpgf0106896_1221095.jpgf0106896_1221468.jpgf0106896_12224161.jpgf0106896_1221879.jpg
by live-art | 2011-05-09 12:18 | 今週の展覧会 | Comments(0)

透明な絵画・クリアグラフのワークショップ 1日目

ゴールデン・ウィーク終盤。7日と8日の土日でワークショップを開催しました。2日で18名のおとなとこどもが、綿引さんオリジナルの手法・クリアグラフにチャレンジしました。

f0106896_11304174.jpg
好きな絵柄を選んで、釘でひっかきながら、アクリル板に写していきます。もちろん、自分で描いた下絵を使ってもOK。力の入れ加減や勢い次第で、力強い線ややさしい線が表現できます。
f0106896_11334517.jpg
紫の服の男性が綿引さん。みなさんもくもくと描き続けます....

こちらが完成した作品。
濁りのないきれいな色達が寄り添いあったり重なり合ったり。
f0106896_10543479.jpgf0106896_10544092.jpgf0106896_10544763.jpgf0106896_1105145.jpgf0106896_1105531.jpgf0106896_1114664.jpgf0106896_1115216.jpg



こちらは、この日の夜のレセプションパーティの様子。綿引さんのお友達の青野ご夫妻がインドネシアのスリンという楽器とお琴で息の合ったすばらしい演奏を聴かせて下さいました。
f0106896_11445031.jpg

by live-art | 2011-05-09 11:56 | 今週の展覧会 | Comments(0)

<企画展>綿引明浩展「透明な絵画・クリアグラフ」が始りました!

綿引明浩さんの個展が始りました。こちら入口。
f0106896_1694049.jpg
「おしりの天使」と「銀河のへそ」がお出迎え。
f0106896_1694834.jpg
いきいきとしてカラフル。とても楽しげな会場構成になっております。

f0106896_16101441.jpg
こちらが会場正面の大作。

f0106896_16102116.jpgf0106896_16102939.jpgf0106896_1610353.jpgf0106896_16104216.jpg部分拡大。そう、一つの画面のなかにいろんなドラマが、同時多発的に詰まっているんですね。

f0106896_1611018.jpg
クリアグラフは綿引さんが考案した技法。アニメのセル画と、ご専門の銅版画の技法とを取り合わせたような、不思議な奥行きのある画面ができあがります。
f0106896_16302654.jpg
小品も沢山。

f0106896_1611365.jpg
人型のものもクリアグラフの作品。

f0106896_16111485.jpg
手の平サイズのピッコロ版画から、インテリアにも最適な大判のものまで銅版画もとりそろえております。
by live-art | 2011-05-07 16:30 | 今週の展覧会 | Comments(0)

5/7〜 綿引明浩個展「透明な絵画・クリアグラフ」が始ります!

f0106896_1144893.jpg

f0106896_1185169.jpg

f0106896_1172397.jpg


生き生きとして鮮かな色彩。顔のない、シルエットだけのキャラクターが(にもかかわらず!)ユーモラスに、不思議な空間世界で冒険を繰り広げます。銅版画、キャンパス作品の他、透明のアクリル板に描く、彼のオリジナル画法であるクリアグラフの作品を展示。また、手の平に載る程のその小ささが面白い、ピッコロ版画なども。7日・8日のワークショップにはまだ空きがありますので、是非、ご参加下さい。

「クリアグラフはアニメーションのセル画をヒントにした僕のオリジナル技法です。 透明なアクリル画面に描いて重ねていくと、平面なのに独特の奥行きと豊かな色彩が生まれます。」(綿引)

<ワークショップ>
「クリアグラフを描いてみよう」
5月7日(土)午後 3:00~5:00
8日(日)の1:00~3:00
参加費:2000円 定員:各10名まで


7日(土)18時〜オープニングレセプション 

綿引さんのお友達・青野夫妻によるインドネシアの楽器スリンと琴の共演

スリン/青野譲二
東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業、東京藝術大学大学院音楽研究科邦楽専攻修士課程修了。

筝/青野圭子
東京芸術大学音楽学部邦楽科山田流筝曲専攻卒業。在学中「安宅賞」受賞。第15回音楽教育国際会議(ISME)でイギリスにて演奏。NHK-FMオーディション合格、「三つの断章」放送。07年08年、大日本家庭音楽会主催「琴によるポップスコンクール」、優秀賞・特別賞を受賞。
by live-art | 2011-05-05 11:11 | 過去の企画展 | Comments(0)