松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

〜7/5杉浦綾陶展「召しませ!召しませ!」その2

f0106896_20232580.jpg
今回は、杉浦さんの器をお持ちの方に、日常の食卓風景を撮って送って頂いた写真をパネル展示しています。見ているとお腹が空いてきたりします(笑)。

f0106896_2023154.jpg
2年前の前回から、定番となった色絵付けのシリーズ。今回は、カラフルな觔斗雲柄も加わりました。

f0106896_2027550.jpg
コーヒーカップ&ソーサは小ぶりサイズで軽やか。絵柄のあっさり具合もこ気味よいです。

f0106896_20292342.jpg
新しく角皿も登場。

f0106896_20294038.jpg
朝顔の形に開いた小鉢は、底がゆったりしていて使いやすそう。

f0106896_20241853.jpg
色絵の壺三連作!
by live-art | 2011-06-30 20:30 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜7/5杉浦綾陶展「召しませ!召しませ!」その1

砥部の陶芸家・杉浦綾さんの個展が始まりました。早くからたくさんのお客様でおおにぎわい。写真とらなきゃ!と気づいたときには既になくなってしまったアイテムもちらほらと。皆様、お急ぎ下さい!

f0106896_20113449.jpg
こちら、たたらで成形後、ポップにアレンジした古典柄を呉須で絵付けしたシリーズ。お料理をいきいきと色鮮やかに見せてくれる白磁にブルーの染め付け、絶妙のサイズ感。創作意欲がもりもり涌いてきます。

f0106896_20201165.jpg
こちらの楕円プレートは今年のヒットのひとつ。しっかりと深さもあるので、カレーやスープパスタなど水気のあるものでもOKです。右奥は新作のカップ&ソーサ。

f0106896_2020333.jpg
マットな質感のシンプルな丸鉢も。
f0106896_2012932.jpg
染め付けの、ほんのりオリエンタルなピッチャーには薄いピンクのシャクヤクをいけてみました。絵付けした模様がいい具合に滲んでいてなんとも味わい深い風合い。

f0106896_206278.jpg
大判の素敵なバンダナ…ではなくて、スクエアの大皿。「吉祥」の文字がさり気なく柄の一部になっています。

f0106896_20213288.jpg
りっぱな大壺!

f0106896_20102224.jpg

by live-art | 2011-06-30 20:14 | 今週の展覧会 | Comments(0)

楽居布・夏・2011ー北室:お洋服

f0106896_19285747.jpg
北室には例年通り、たくさんのお洋服!楽居布のお客様はほんとにリピーターの方が多くいのです。こちら、デザイナーの越智さんイチオシ(が沢山で困るんですが)...の麻ニットのワンピース(右)と、リネンキュプラのゆったりとしたテントラインが素敵なブラウス。

f0106896_19284574.jpg

f0106896_1928517.jpg
f0106896_1929491.jpg
近江上布や丹後シルクのワンピースや、ブラウス、気の利いたハオリモノなども沢山あります。

f0106896_19342921.jpg
こちら森田が着ているのが、スカーフの生地で作ったシルクのドルマンスリーブのブラウス。まるいシルエットがモダンでかつやさしい雰囲気☆
f0106896_19343386.jpg
こんなにゆったりしているのです。実はこちらの商品、初日の今日で現物ははやばや売り切れてしまったのですが、ご注文頂きましたらお作りできますのでご相談下さいね。
by live-art | 2011-06-23 19:44 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜6/28 楽居布・夏・2011ー南室:麻のインテリアファブリック

夏の楽居布展が始りました!初日の今日は朝から、ひんやりしゃりしゃりの気持ちの良い麻のお洋服やインテリアファブリックを求めて沢山のお客様がいらして下さいました。最適の高品質でデザインも素敵。この夏のエコ対策のために是非いちどお寄り下さい。とりあえず、本日はざっくりとご紹介...

f0106896_1985298.jpg
今年の夏はのれんが大人気なんだそうです。
日傘は白と茶とあります。もちろん麻素材。

f0106896_1981926.jpg
柿渋染、漁網生平、藍染....等各種あります。

f0106896_199078.jpg
クッションや寝具も。特に…!
f0106896_1992569.jpg
今回のイチオシは、100%のリネンケット各種。写真のキルティング状のマットは敷きパット。非常に優しく寝たきりの方にも、床ずれができにくいとい優れもの。

f0106896_1993298.jpg
右はワッフル織椿リンス仕上げ。左は麻五重織りのケット。熱帯夜の見方です。¥8400~あります。
by live-art | 2011-06-23 19:11 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜6/21 北室:矢野聖寿個展  南室:宇和島東高校OB展  

近日公開企画展情報click! に…
☆6/30〜『杉浦綾陶展』中の、ワークショップ《ブサルダダのかんたん・おいしい料理写真術》(7/1fri)の参加者募集…をアップしています。こちらもご覧下さい。
☆額師風雅の『額の中の物語』展、額装・エピソード募集のお知らせ。
☆6/23〜『楽居布展』寝汗知らずの麻ケット


北室:矢野聖寿 写真・絵画・俳句 個展
f0106896_11511334.jpg
さて、北室の矢野聖寿さんは38年の教員生活終えられた記念として、お仕事の傍ら研鑽してこられた多彩な表現活動の成果を振り返る展覧会を開催されています。
f0106896_1151594.jpg
季節の写真には自作の俳句を添えて。

f0106896_11505842.jpg
ポストカードサイズの小品も。



南室:第4回宇和島東高校OB展 
   永井信也<写真>・宮田武史(東峰)<書>とその仲間趣味作品展
f0106896_11503678.jpg
永井信也さんと宮田武史さんは、宇和島東高校の同窓生。第一回展は宮田さんのご退職を機に、一念発起されたふたり展でした。それももう4回目。今ではおふたりのお友達や、そのご家族の方も出品されるなどしてにぎやかです。

f0106896_11504292.jpg
こちらが宮田さんの書作品。年に一度の展覧会。目標に向かえば気合いが入ることでしょうね。
f0106896_11505058.jpg
「順光ではいささかどきつい朱の波状攻撃も、お日様をバックにすると何とも涼やかでまたいちだんとにこやかに語りかけます。」永井さんの写真のひとつひとつには、やさしい眼差を介したつぶやきが添えられています。
by live-art | 2011-06-16 11:56 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜6/13(月) 北室・山本容子展 南室・空西あかね・征二郎親子展

山本容子さんの版画展、第二週目に入りました。先週までは、両室いっぱいに飾っていた作品を今週からは北室に集中させました。当初はいくつかしまわないといけなくなる作品も出てくるだろうなぁ…と思っていたのですが、なんとかすべて展示することができました。そういうわけで、先週見逃した方もご心配なく。13日月曜日までですので、お見逃しなく!

f0106896_1823628.jpg
「私の時間旅行」のシリーズより「エール・フランス」。Louis・Vuitton表参道店建築中に建築現場の囲いに、モザイク状に放映しライトアップした画像の原画。上質な雁皮紙に刷られています。

f0106896_18232395.jpg
「冬の夜」。容子さんの手彩色が贅沢に施された作品。発色が非常に綺麗です。多色使いをいきいきとまた、品よく収める手腕に洗練を感じます。

f0106896_18233184.jpg
雪子ちゃんシリーズも!ほんとにカワイイ!たべっぷりもイイ!(笑)。



f0106896_18303524.jpg
さて、南室では、今日から空西親子展が始りました。こちらはお嬢さんのあかねさんの作品。明るい色彩とぽってりしてかわいらしくやさしいフォルム。お人柄が表れますね。

f0106896_1830292.jpg
窓辺にはキャンディみたいなとってのついたリキュール瓶。あまくてきらきらした果実酒など入れたくなる感じ。

f0106896_18302515.jpg
風鈴のしおりは、エンボスのある手漉の和紙です。いい音がします。あかねさんは現在名古屋を拠点に吹きガラス作家活動を展開されています。

f0106896_18265361.jpg
さてさて、こちらはあかねさんのお父様・征二郎さんの陶芸作品。本業のグラフィックデザイナーの傍ら、作陶もかなり本格的に続けていらっしゃいます。

f0106896_18263969.jpg
薄黄色の釉薬と、グレーの釉薬。端正なかたちのお湯呑みセット。

f0106896_18264252.jpg
このお皿、ビスケットみたい(笑)。摺り胡麻入りの白あえとか、かおり豊かな春のお浸しとか、香ばしいお料理を盛りたいかんじ。
f0106896_18293495.jpg
奥のピッチャーには山紫陽花をいけてらっしゃいました。しっとりとして落ち着いた山紫陽花の雰囲気がぴったりの器です。

f0106896_18262259.jpg

by live-art | 2011-06-09 18:25 | 今週の展覧会 | Comments(0)

WS「ブサルダダのかんたん・おいしい料理写真術」参加募集のお知らせ!

6/31〜開催予定の杉浦綾陶展のDMデザインができあがりました!!

じゃじゃ〜ん♬

f0106896_16435885.jpg


綾さんがつけたタイトルは「召しませ!召しませ!」
写真のイメージは女子会です。
美味しい食事に楽しいおしゃべりは切っても切れない間柄。
そこに素敵な器が加われば、女子的にはもう、盛り上がらないはずはないわけで☆
手料理を作る楽しさ、ふるまう楽しさ、食べる楽しさ…届くといいなぁ。。。。

今回の写真撮影は、朝生田にスタジオがあるフォトアートブサルダダさんにお願いしました。撮影当日は、素人には思いもよらないプロの技に脱帽させられっぱなしでしたー。結果、綾さんの理想に限りなく近い一枚が完成したのでした。(会期中7/1(金)には件のブサルダダのフォトグラファーのお二人を講師にお迎えしてワークショップも開催します。詳しくは下をご覧下さい。)

★写真に写っているすばらしいお料理はこちら☆Mr.アッシュのあずきさんが担当して下さいました。冷製パスタもビッグな野菜の肉巻も、うつくしてくてかつ美味しかったー。綾さんの器ともぴったり。

★プリザーブドフラワーのデザイナーで、今回の強力助っ人Lei+La(レイラ)さんがブログに撮影の様子を載せてくれていました。Lei+Laさんのアレンジは、品がよくて可愛くてほんとに素敵なので要チェックです。

★こちらは今回もまた強力にお世話になった砥部の陶芸家のLuxeStyleさんのサイト。リブ・アートでも定期的に個展をして下さっています。女子心くすぐるレェイシィでロマンチックな作風が新鮮です。

スギウラ工房のブログはこちらから...


ワークショップ参加者募集中!
「ブサルダダの“かんたん・おいしい料理写真術」
講師:「フォトアートブサルダダ」 フォトグラファー
    白石圭氏 ・藤井啓司氏

日  時: 7月1日(金) 13:30〜15:30
持参品: お手持ちのデジタルカメラ、あれば三脚 
参加費: 500円 定 員:15名(要予約)
  問: ギャラリーリブ・アート 
       tel/089-941-9558  mail/ live-art25@w4.dion.ne.jp 


<杉浦綾さんのうつわをご愛用の皆様へ>
今回の展覧会では、綾さんのうつわに盛った手料理の写真を、パネルにして会場に展示する予定です。パネル展示にご協力下さる方がいらっしゃいましたら、撮影した写真を(データが小さ過ぎなければ写メールでもOKです)メールでギャラリーリブ・アート( live-art25@w4.dion.ne.jp)までお送り下さい。
by live-art | 2011-06-03 16:27 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜7/5 山本容子銅版画展

近日公開企画展情報click!
に…
☆6/30〜『杉浦綾陶展』中の、ワークショップ《ブサルダダのかんたん・おいしい料理写真術》(7/1fri)の参加者募集…をアップしています。こちらもご覧下さい。
☆額師風雅の『額の中の物語』展、額装・エピソード募集のお知らせ。
☆6/23〜『楽居布展』寝汗知らずの麻ケットご紹介


f0106896_16274144.jpg
二年に一度、恒例の山本容子さんの版画展が始りました。新旧併せて約70点の作品を展示しています。

f0106896_16311344.jpg
人気の「女」シリーズより《花を見る女》。手彩色の発色がとてもきれい。ピンクが華麗なんです。華やか!…そして同時に目の覚めるような爽快感のある絵なのです。

f0106896_16312141.jpg
画面の上に♪♬が、グラフィカルに飛び跳ねる、オペラレッスンのシリーズも来ています。クラッシック好きの方には特におすすめ。

f0106896_16375130.jpg
《マーラー・シンフォニー第4番》。サントリーホールで上演されたオペラのポスターとなった一連のシリーズより。

f0106896_16313726.jpg
リブ・アートの北室には、一本柱が通っています。これがわりと邪魔になることが多い(汗)…のですが。今回はおとぎ話のシリーズを重ね掛けしてみました。題して「御伽のはしら」(笑/汗)。ピーターパンや赤頭巾、ハーメルンの笛吹....と、誰でも知っている童話だからって侮ってはいけません。

f0106896_16315955.jpg
一筋縄では終わらない.....
非常にスパイシーな物語絵なのですー山本容子さんのは。
ご覧下さい、この《白雪姫》!


f0106896_16325626.jpg
そして、こちらが今回のメイン、江國香織さんとの共著《雪だるまの雪子ちゃん》よりのシリーズ。左のたいそうご満悦な顔なのが、毎日が楽しくってたまらない好奇心おうせいな雪だるまの雪子ちゃん。初夏ですが、雪子ちゃんで暑気払いなさりませんか?

f0106896_16331637.jpg
こちらは《お花畠》という作品。対の作品で、舞い散る雪を花に見立てた《風花》も素敵。こちらはぜひ、会場でご覧下さい。

f0106896_1633398.jpg
学校の板張りの廊下って、懐かしいですね....(世代がわかりますねぇ...)。複雑な時空間をさらりと処理されてます。よく見るととてもかっこいい。でもどこまでも、フレンドリー。

f0106896_16344412.jpg
南室は、だんだん入手が困難になってきている初期の作品を中心に、銅版画の線を生かしたモノトーンに近い色合いの作品を集めました。

f0106896_16345329.jpg
今回の森田のイチオシはこちら、《mild Matisse》。
by live-art | 2011-06-02 16:38 | 今週の展覧会 | Comments(0)