松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

〜10/3(火) 北室:柴田園茶道具展 南室:高見和秀絵画展 

【北室】柴田園茶道具展ー八代 高橋道八 茶陶器展ー

江戸時代から続く京焼の窯元、高橋道八家による陶展です。
私Y田茶陶器のことはよくわかりませんが、どの器もすっきりとして品がありモダンな印象。

f0106896_17173254.jpg

f0106896_17181492.jpg

f0106896_1721363.jpg

f0106896_1718467.jpg

f0106896_17181395.jpg

f0106896_17175380.jpg



【南室】高見和秀絵画展

南室は、リアリズムの画家・高見和秀さんの個展を開催中。高見さんの描いた小田深山渓谷の風景画が昨年、愛媛県美術館の所蔵されました。

f0106896_1663410.jpg
荒々しい木の根っこを、絵の具の盛り上がった緻密な筆致で描いた迫力の油彩画。写真ではとても再現にはなりませんが…

f0106896_1664016.jpg
清々しい瓶ヶ森の風景も。
f0106896_1664618.jpg
ざくろ。
f0106896_1662688.jpg
さらりとして軽やかなタッチの作品も。
f0106896_1665010.jpg

by live-art | 2011-09-29 16:25 | 今週の展覧会 | Comments(0)

10/20〜10/25 住宅のしつらえ part2 山下伸一・林靖介 金工と木工家具の二人展

f0106896_137375.jpg
植物の蔓のようにかろやかに宙をあそぶ銅の流線が、美しいフォルムをなす山下伸一さんの金工作品。モダンでありながら風合いのあたたかい林靖介さんの木工家具。大阪在住のおふたりによる2年ぶりの二人展です。また、今回はフラワーコーディネイト花市の磯崎春佳先生に花あしらいをお願いしました。花市さんは、野の花のような自然のたたずまいで生けるやわらかで洗練されたフラワーコーディネイトで評判です。是非ともご高覧下さい。
by live-art | 2011-09-29 13:09 | 過去の企画展 | Comments(0)

吉川千香子展・真生展は明日27日(火)まで!

改めまして、北室「吉川千香子展」開催中....
f0106896_18252957.jpg
フランスのお嬢さんと、片田舎風ネコのポット。ポットのシマシマのピンクがすごくいい感じです。
f0106896_18254070.jpg
帽子の上にのっかってるガラスの球はポットの蓋になってます。黄色い靴だぁ☆たまらなくチャーミングな配色。
f0106896_18275895.jpg
定番の動物顔の鉢シリーズ他、食器もお見逃しなく....



南室「吉川真生展」もお見逃しのなきよう....本日はY田自らモデルに名乗り出てしまいました(汗)
f0106896_18254114.jpg
でも、ほんとどれも素敵なんです。ジュエリーボックスをひっくり返したような...
f0106896_18254482.jpg
まさに、アクセサリー感覚で、カジュアルにもフォーマルにも。
f0106896_18254847.jpg
背骨のラインに重なる感じが素敵なんです。


f0106896_1826371.jpg
こちらのシースルーベストも、着てみて感動。下には半袖VネックのTシャツを着ています。ちょっとわかりにくいかな?
f0106896_1826761.jpg
伸縮性があり身体のラインにしっくり馴染みます。

f0106896_18261223.jpg
そしてこちら、じゃじゃん!ダウンのコート。
f0106896_18262144.jpg
ボタンもいっこいっこ違います。トップのグリーンがこの上なく効いてるでしょう?ボタンホールのバックスキンだとか、袖口の感じだとか、ディーディールが凝っていて、(真生さんの吹くはどれもそうだけど)宝物気分が盛り上がります。
by live-art | 2011-09-26 18:43 | 今週の展覧会 | Comments(0)

吉川千香子展、吉川真生展は火曜日まで

吉川千香子展と吉川真生展は月曜日までです。

f0106896_18194488.jpg
のっぽのポット夫人は立ち姿がエレガント。

f0106896_18193749.jpg
楽しい花器もお見逃しなく。こちらは焦げちゃの金彩の組み合わせが、これからの季節にぴったり。真っ赤なアンスリウムなど合わせても素敵かも。

f0106896_18191923.jpg
お月見のイメージで、わっさりと薄を入れてみました。薄もポップにしてしまう千香子さんの器の力。
f0106896_18192869.jpg
物語性のある花器って楽しくて、ついついみんなに見せたくなります。

f0106896_18251870.jpg
ネコ型ポット三種。


f0106896_18252417.jpg
吉川真生展もお見逃しなく!
こちらはストール三種の巻き方見本。

f0106896_18195312.jpg
ウールガーゼとシルク素材の秋色ストール。

f0106896_18195746.jpg
いろいろなマチエールの布がきらきら交響しております。シンプルなフォーマルドレスに合わせても素敵かも。

f0106896_1820094.jpg
名付けて「タコストール」は、ウールやモヘアで編んだ毛糸の紐とシルクのリボンでできています。クルクル巻いたり、蝶々に結んだりして立体的に仕上げるのがコツ。
by live-art | 2011-09-25 18:48 | 今週の展覧会 | Comments(0)

吉川真生さんのワークショップ

22日と23日は吉川真生さんのワークショップ。光沢のきれいな布を使ってアクセサリーをつくりました。

f0106896_1750722.jpg
真生さんが用意して下さったアンティークのボタンやビーズのセット。どれも素敵。好きなのを選んで作ります。

f0106896_17491113.jpg
好みの形に切った布に、ボタンをつけたりビーズ刺繍をしたり。

f0106896_1749145.jpg
もくもくと針仕事。世間話もはずむようでした(笑)。


f0106896_17503125.jpg
出来上がりはこんな感じ。個性的でとてもおしゃれ。
f0106896_17503536.jpg

f0106896_17502257.jpg



f0106896_17504876.jpg
2日目のワークショップの後の千香子さんの器を使ったアフタヌーンティのワンシーン。どれをとっても美味しく、楽しい食卓でした。お料理はhmotifsの池内久江さんにお願いしました。カメラの不調のため、この1枚しか撮れなくて残念。。。
by live-art | 2011-09-25 18:04 | 今週の展覧会 | Comments(0)

~9/27 北室:吉川千香子展 南室:吉川真生展

本日より、吉川千香子さん・吉川真生さんのダブル個展が始まりました。

北室:吉川千香子展

f0106896_19332357.jpg
入口では千香子さんのこま犬くんがお出迎えしてくれます。

f0106896_19305014.jpg
千香子さんの陶器は、とにかくもうつきぬけて明るく、つきぬけて自由。

f0106896_19331983.jpg
ポットが猫型だったりして当然です(笑)。

f0106896_19304260.jpg
絵画みたいな絵皿です。

f0106896_19303854.jpg
こんなティタイムには、アンニュイしている暇はありません。

f0106896_1930253.jpg
どうしたらいいの!?…というくらいチャーミングな表情。。。彼らもポットです。

f0106896_19303166.jpg
一部、お花畑も。
f0106896_19305466.jpg
こんな使い方もできるのでした。


南室:吉川真生展

南室の真生さんは千香子さんのお嬢さんです。
どこからこんな発想がぽこぽこ湧いてくるんだろう....というくらい、
バックも、お洋服も、アクセサリーも素敵なものばかりなのですよ。

f0106896_1934547.jpg
真生さんはフランスのファッションデザインの学校を出られているそう。

f0106896_1934198.jpg
なんだかもう、ほんとにぽこぽこ…

f0106896_19335780.jpg
めまぐるしく素敵なものばかりなので、自然と元気が出てきます(笑)。アクセサリー感覚で着こなすお洋服やショール...

f0106896_19335170.jpg
バックもあります。

f0106896_19375244.jpg
こんなのも!

f0106896_19341151.jpg
緑の魚もいます。

f0106896_195212100.jpg
ワークショップ1日目は大好評でした。詳細はまた後日アップしますね☆
by live-art | 2011-09-22 19:40 | 今週の展覧会 | Comments(0)

9月22日(木)〜9月27日(火) 吉川千香子 展 / 吉川真生 展

9月22日(木)〜9月27日(火) 吉川千香子 展 / 吉川真生 展
f0106896_1212222.jpg
貫録たっぷりユーモアたっぷり、突き抜けて自由な吉川千香子さんの陶の食器やランプやオブジェ。装う気持ちを明るく前進させてくれる、真生さんのアクセサリーみたいなバッグやお洋服。私達をま~るく明るい笑顔で包んでくれる陶とテキスタイルのダブル個展です。 会期中、真生さんのワークショップを開催。千香子さんの食器で楽しむアフタヌーンティもご用意します。ふるってご参加下さい。   

f0106896_12181983.jpg

吉川真生さんとテキスタイルのアクセサリーを作ろう   

日  時:【1】9月22日(木)13:00〜15:00(お菓子付)
     【2】  23日(金)13:00〜15:00(※)
参 加 費 :3.000円(材料費込) 
定   員:各10名程 要予約 (問) 089-941-9558

※23日(金)のワークショップの後、吉川千香子さんの器を使ったアフタヌーンティをご用意します。 フード&スイーツは、「h.motifs」の池内久江さんにお願いしました。
by live-art | 2011-09-19 14:00 | 過去の企画展 | Comments(0)

〜9/20(火) 北室:三人写真展ー無名の土ー 南室:白石貴士絵画展

本日よりふたつの展覧会が始まりました。
二十代半ばの男性ばかり4人の作家さんの作品を展示しています。
リブ・アートではちょっと珍しい展開。


北室:三人写真展ー無名の土ー

f0106896_12294451.jpg
北室は、伊豆野眸さん、田所正臣さん、菅聡樹さんのによる写真展「無名の土」。

f0106896_12301342.jpg
現代を生きる私達の生活は、いつだったかに、どこかの誰か達によって作られた“イメージ”で溢れ返っているわけで。

f0106896_1331978.jpg
どこかの誰かによって編集され、物語られ、先導され、伝播された膨大な“イメージ”の集積。

f0106896_12302488.jpg
それを、例えば歴史の真実として、私達は信じ込んでいるに過ぎないのかもしれません。


f0106896_13544569.jpg
「無名の土」とは、過去でもなく未来でもなく…、


f0106896_12295959.jpg
あらゆる意味から開放された、そうだなぁ...

f0106896_133555.jpg
原風景のような?





南室:白石貴士絵画展

うってかわって南室は、京都在住の白石貴士さんの2年ぶりの個展。緻密なタッチとファンタジックな味付けはそのままに前回から更に作風を変化させて登場。

f0106896_16572577.jpg

f0106896_16573048.jpg
魚眼レンズを覗いたような...

f0106896_1657949.jpg
昭和50年代くらいを思わせるノスタルジックな雰囲気なんだけど、25歳の若い作家さんなのですね。

f0106896_16574051.jpg
力作が60点程揃ってます。
f0106896_16571581.jpg

by live-art | 2011-09-15 13:00 | 今週の展覧会 | Comments(0)

近藤英樹展3日目/イキトシイケルモノ?

f0106896_1853859.jpg
蜻蛉のような....
f0106896_18534025.jpg
カモメのような...
by live-art | 2011-09-10 18:54 | 今週の展覧会 | Comments(0)

近藤英樹展2日目

本日の松山は終日妙にけだるいお天気でした。が....

f0106896_16592046.jpg
近藤英樹展は今日も清涼。。。。


f0106896_16544187.jpg
エントランスを入ってすぐの壁は、いい具合に自然光が差し込むのですが....

f0106896_16544756.jpg
自然光のこまやかな波長のせいか、ここに掛けてある作品は、色彩が透明感を増してさらにふっくらと瑞々しく見えるみたいです。


f0106896_16545470.jpg
大判に描かれたのびやかな作品も気持ちよいのです。絵画のそれというより、まさに植物のように静かでやさしい存在感の作品たち。
by live-art | 2011-09-09 17:05 | 今週の展覧会 | Comments(0)