松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【北室】わたなべ大イラスト展 【南室】河原デザイン・アート専門学校グラフィックデザイン科卒制展

【北室】わたなべ大 第13回個展 「日進月歩」

本日より、イラストレーターわたなべ大さんの個展が始まりました。大さんとリブ・アートとのお付き合いもかれこれ長くなりました。最初の個展は1998年のこと...。
f0106896_16545452.jpg
エントランスには、その時の作品が飾られています。くすっと笑わせてくれて、物語性たっぷりの優しい作風はこの頃から変わっていません。

f0106896_1762838.jpg
2006年の作品からは、キャラクターが飛びだして...

f0106896_1655873.jpg


f0106896_16554022.jpg
お馴染のキャラクターも3Dに。
f0106896_16555537.jpg
もちろん新作イラストもたくさん。
f0106896_1656599.jpg
ポストカードや、ストラップ、ブックマーカー、レターセットなどグッズもお楽しみに。




【南室】「Color free (カラフリー)」
河原デザイン・アート専門学校グラフィックデザイン科2年生

f0106896_1643396.jpg
南室では河原デザインアート専門学校の生徒さん達の卒業制作展を開催中。
わたなべ大さんは彼らの先生です。
f0106896_16431049.jpg
なにやらプレゼントがもらえるらしいガチャガチャ。
f0106896_16433298.jpg
ファンシーなグッズも。


最後に。本日当番をされていたおふたりの作品をご紹介。

f0106896_16433490.jpg
Color free …カラフリーが今回のテーマ。自分の好きな色をめい一杯使って描くということなのだとか。大好きなピンクを使って、とにかくカワイイを表現したかったんですって。

f0106896_16434337.jpg
仲間たちとちからを合わせて学生時代の最後を飾る展覧会をつくったことは、何よりの思い出だそうです。
by live-art | 2012-01-26 16:44 | 今週の展覧会 | Comments(0)

Green Algae 早崎雅巳作品展

f0106896_21141367.jpg


2012年2月2日(木)〜2月7日(火)

早崎さんの作品には、ことばでは旨く表現できないが不思議な魅力を感じる。色彩センスの良い感度の高い人だという事は前々からわかっていた。単にそれだけではない。

見たくないものを見てしまった・・しかし、皆心のどこかに(人により)カモフラージュして持っている生命の中心。作品を見つめて感じて、”生きる”という普遍の意味を探り始める。

社会の体質に翻弄される青年の戸惑い、不安、抵抗、戦争の危機すら感じさせる世界情勢、人間の争いや欲望のために棲息の地を追いやられている生物、自然の摂理を破壊するような地球環境の破壊、・・渾沌とした情勢に共生共存の手段を願い、全ての生命の生きる本質を彼の感性で描こうとしている。
彼の作品はエロティックで、生命の根源であるエロスが、繊細な線と優しい色彩で描かれる画面に、きっと釘付けになることだろう。

今回の「Green Algae」は、
 体内に葉緑素を宿し光合成産物をさし出すことによって、様々な生物達と共存するグリーンアルジー(緑藻類)をテーマに、より豊かな共生・共存のイメージを展開する。(早崎 談)ということだ。 【森田 記】
by live-art | 2012-01-25 21:31 | 過去の企画展 | Comments(0)

~1月23日まで めっけもん市

本日より、10年ぶりの「めっけもの市」が始まりました。さまざまなジャンルより、リブ・アートゆかりの作家さん達にご協力頂いての感謝セールです。会期中はショップ内の作品も二割引きにしております。是非ともお運び下さい。

飯田 みどり・石田 誠 ・宇野 貴美恵 ・遠藤 裕人 ・河部 哲ニ・窪田 敏子・神山 恭昭 ・額師 風雅 ・郷田 裕佳子 ・篠原 元郁 ・杉浦 綾 ・杉浦 史典・多久嶋 玲子・武田 小都・西山 千代子・西山 毅・西山 寛・野本久美・白晃・花岡 徳久・濱岡 健太郎・村上 恭一・山田 雅之・X氏…リブ・アート
f0106896_1659215.jpg

f0106896_16591455.jpg

by live-art | 2012-01-16 16:59 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜1/14 篠原土世<新静物画>展


f0106896_18432618.jpg
みなさま、あけましておめでとうございます。よいお正月をお過ごしになられましたか?こちらは、本年の私共の年賀状に使わせていただいた絵画作品。なんとも硬質で清冽な空気感があって、新年のご挨拶にもぴったりだったのではないかしら...など、森田ともどもほくほくしておりました(笑)。

f0106896_18303944.jpg
さて、本日より、上の絵を描かれた篠原土世さんの個展が始まりました。土世さんは松山市出身ですが、パートナーの日浅和美さんとともにもう随分長く仏国にお住まいです。

f0106896_18315757.jpg
「新静物画とは現実に目の前にある静物を描いたものではなく、深層から生まれてきたもので、魂の心象風景でもあります」とは、土世さんの言。

f0106896_1831539.jpg
小品や、コラージュも。

f0106896_183269.jpg
オブジェも素敵です。
f0106896_1832257.jpg



f0106896_1834038.jpg
南室では、日浅さんによる句画集を展示。
f0106896_18321735.jpg
桐箱に入った美しい12枚のシートは、人間探究派の俳人・篠原梵の俳句をモチーフにしています。篠原梵とは実は土世さんのお父様。言われてみれば、ジャンルは違えど作品からにじみ出るモダンで清冽な印象が似ているようにも。

f0106896_1833663.jpg

f0106896_1837028.jpg
日浅さんの、感性的で包容力のある作風は、篠原梵の世界をあたたかな手でぐっとこちらに引き寄せてくれるよう。
f0106896_1833573.jpg

by live-art | 2012-01-07 19:08 | 今週の展覧会 | Comments(0)