松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

荒川尚也 ガラス展-2

「荒川尚也 ガラス展」
2012年11月1日(木)〜11月6日(火)

いよいよ今週の木曜日から荒川尚也さんの展覧会が始まります。

秋の夜長に、一つの灯の下で・・先にお知らせしましたように、オリジナルな照明器具に渾身の力が入っていますが、実は水墨画のようなゆらぎのある墨色のガラス器も力作で初のお披露目ですよ。

f0106896_20154480.jpg


ガラスに刻まれた線刻は手先の緊張とゆらぎを表わし、日本画のような墨色の世界に私達をいざなってくれます。これは、ぜひ、手に取ってご覧下さい。
by live-art | 2012-10-28 20:24 | 近日公開企画展情報 | Comments(0)

北室:遠藤裕人陶展 南室:キリム&トルコ雑貨展

【北室】遠藤裕人陶展

砥部の陶芸家・遠藤裕人さんの個展が始まりました。
今回は食卓をテーマに展示を展開しています。

f0106896_18502435.jpg
こちらは晩酌の食卓。三方に開いた個性的な大皿も。

f0106896_16204292.jpg
ぐいのみやとっくりなど日本酒のうつわもたくさん。お酒が美味しくなるつややかな白磁。

f0106896_18502980.jpg
こちらは朝食の食卓をイメージ。

f0106896_18503021.jpg
逆さにした帽子のような大鉢はワインクーラーにも。

f0106896_18504077.jpg
蓮の葉っぱをイメージしたお皿。盛り映えがしそうです。

f0106896_17471641.jpg
こちらはお茶席。

f0106896_1850561.jpg
今年も草月流の海老原鳳梨さんがお花をいけて下さっています。こちらの大鉢、ブルーの釉がみずみずしくつややか。



【南室】キリム&トルコ雑貨展

南室はトルコ人のムスタファさんによるキリムとトルコ雑貨の展覧会。
f0106896_18504865.jpg
上質なオールドキリム。発色が美しく味わい深い。
メンテナンスも行き届いています。

f0106896_1851975.jpg
色、サイズもいろいろあります。柄にもひとつひとつ意味があるそう。

f0106896_18511249.jpg
キリムはもちろん、絹糸の手刺繍のクッションも。

f0106896_16154331.jpg
マルチボーダーのバックも素敵です。このザックリした質感が魅力的。

f0106896_18512521.jpg
ターコイズのアクセサリーも多数展示。品のよいすっきりしたデザインです。
by live-art | 2012-10-18 18:53 | 今週の展覧会 | Comments(0)

荒川尚也 ガラス展

「荒川尚也 ガラス展」
2012年11月1日(木)〜11月6日(火)

f0106896_1948090.jpg


美しいシルエットのガラスは光を溜めて、光を放ち、
私たちは秋の月明かりの中で彷徨う詩人となります。

荒川尚也さん、実に5年ぶりのリブ・アート展開催です。
彼の作品には、常にダンディズムな美意識があり、その計算されたフォルム、質感に魅入ってしまいます。
今年は、秋の夜長に存在感を演出する照明器具に力を入れられたそうです。インテリアにこだわる方にぜひご覧頂きたい展覧会です。
その他、もちろん食器や花器、ウィスキーボトル、オブジェなども・・。
f0106896_20864.jpg

by live-art | 2012-10-16 20:11 | 近日公開企画展情報 | Comments(0)

遠藤 裕人 陶展

「遠藤 裕人 陶展」
2012年10月18日(木)〜23日(火)
白磁に秘められた繊細で豪胆な未来へ・・と、力強くもエッジのきいた作品を創り続けている砥部の遠藤さんの展覧会です。
f0106896_19331980.jpg


今年は食器に挑戦しました。
by live-art | 2012-10-16 19:42 | 近日公開企画展情報 | Comments(0)

〜10/16 遊陶磁・原田精二焼物展

f0106896_1149941.jpg
東温市に窯を築き、ライフワークとして個性的な作陶を続けている
原田精二さんの個展が始まりました。

f0106896_1148491.jpg
こちらは、DMに記されたユニークなご挨拶文。
これを読んでいただくのが一番ですね(笑)

「轆轤を使わない(同じものは作らない)。○○焼のようなものは作らない(物真似をしない)。侘び寂び、優美さとは無縁のものを作る。シンプルでないもの(取扱いに困るもの)、日常生活では役に立たないもの、器ではないもの(水等を溜めない)、だれでもつくれるもの(粘土遊び的なもの)、登窯で醸成すること、一万人に一人くらいに興味を持って頂ければ幸甚です。」

f0106896_1148292.jpg
そういうわけで、水のたまらない壷。しかし、こういうのってかえって華道家のアドレナリンの分泌を促してしまったりするものだったりすることも?!
f0106896_11495635.jpg
こちらは篆書の文字をモチーフにした陶立体。初期作品だそうです。

f0106896_11493592.jpg
こんなオブジェも。
by live-art | 2012-10-11 11:52 | 今週の展覧会 | Comments(0)

2013年カレンダー各種入荷しました!

f0106896_1339467.jpg
カレンダー各種も入荷しております。

                    ☆

f0106896_13395545.jpg

まずは、松山市の版画家・スミダヒロミさんの木版カレンダー。
合計6枚の手刷り木版がついて、3000円(横19×縦27cm)

f0106896_13395159.jpg
詩的なやさしいファンタジーが今年も満載。

                    ☆

f0106896_13403882.jpg
続いてこちらは、ご存知、銅版画家の山本容子さんのA5 サイズの小ぶりな卓上カレンダー。図柄は使用後に切り取ってポストカードとしても使えます。上質なマット紙を使用しているのでカードとしても遜色のない存在感。

f0106896_13403372.jpg
1,050円とお手ごろ価格なので、年末のちょっとしたプレゼントにも最適。

f0106896_13405456.jpg
アルファベットの言葉遊びのシリーズです。

                    ☆

f0106896_1341455.jpg
音楽好きの猫達のイラストで知られるあまだみつひろさんは、プロのチェリストでもあります。あふれ出しそうな躍動感と喜びにで溢れたイラストです。縦26(展開は52cm)×横36.2cm 1,680円


f0106896_13411081.jpg
日付がゆったりとして使いやすそう。

f0106896_13413089.jpg
こちらは2月の絵。
by live-art | 2012-10-10 13:59 | ショップ情報 | Comments(0)

文殊理さんの2013年干支人形予約受付開始しました!

東温市の人形作家・文殊理さん作の干支人形、予約受付始めました。
来年は巳年......

f0106896_13201725.jpg
題して「加賀巳餅」(笑)。なるほど!です。
フォルムがシンプルすぎるうえに、あまりイメージのいい動物とはいえない「蛇」は、干支のなかでも多くの人形作家さんにとって手ごわい相手。

f0106896_13203874.jpg
けれども文殊理さんの、チャーミングないたずら心(発想の転換)にかかると、このとおり....

f0106896_13203223.jpg
ふっくらして美味しそうでさえあります。

f0106896_13202280.jpg
表情もかわいらしい。お膳もすべて手づくりです。

文殊理『加賀巳餅』 ¥18,900- 高さ10cm お膳の幅 7.5cm

※11月末日までにご注文下さった方には消費税をサービスさせていただきます。

by live-art | 2012-10-10 13:38 | ショップ情報 | Comments(0)

〜10/9 ー柴田円茶道具展ー薩摩焼 橋本陶正山 茶陶展

f0106896_18165649.jpg
柴田園茶道具展ー薩摩焼 橋本陶正山 展ーが始まりました。

f0106896_18173596.jpg
薩摩焼のなかでも白磁の白にこだわり、その生地に合う金彩錦手を追求する一方、雅趣ある茶道の器づくりに精根を傾ける橋本陶正山氏の茶陶器展。
f0106896_18172041.jpg
卵黄色の釉から生まれる、独特の表情の作品も特色のひとつ。
f0106896_18171254.jpg
鮮やかな金彩・銀彩もおちついていて品がいい。
by live-art | 2012-10-05 18:22 | 今週の展覧会 | Comments(0)