松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

~1/29【北室】おんなのこ博/河原アートデザイン専門学校 【南室】わたなべ大のてんらんかい12

本日より、河原アートデザイン専門学校グラフィックデザイン科の2年生たちによるグループ展と、同校講師のわたなべ大さんの個展が始まりました。

【北室】おんなのこ博
北室、学生さん達の展覧会はそん名も「おんなのこ博」。それぞれが、思い思いに描いたおんなのこの絵が大集合。
f0106896_18544443.jpg

f0106896_1856213.jpg

f0106896_18562980.jpg

f0106896_18561674.jpg

f0106896_18545321.jpg

f0106896_1903991.jpg
ポストカードも販売しています。
f0106896_18595669.jpg
実物のおんなのこたちもかわいいです。


【南室】わたなべ大のてんらんかい12

f0106896_193726.jpg
南室では、イラストレーターでおなじみの、わたなべ大さんの展覧会です。

f0106896_1931447.jpg
ポップで明るい色彩とやさしい物語のあるイラスト。

f0106896_1932038.jpg
ああ、なんだか。なんだかわかる、このせつなさ。

f0106896_193287.jpg
大くんも今や二児の父なのでした。

f0106896_1935551.jpg
ポストカードやカレンダー、レターセットやブックカバーなどのグッズも充実。こちらは今回初登場のオリジナルポーチ。

f0106896_1954881.jpg
最近始められた、お絵描き教室の生徒さん達のコーナーも。

f0106896_1951537.jpg
26日(土)6:30〜は、お友達のごろうまるさんとふたりで組んだユニット、その名も「ロマンチックボーイズ」(笑)による弾き語りライブを開催♪
by live-art | 2013-01-24 19:09 | 今週の展覧会 | Comments(0)

現代作家人形展2/お雛さまとか一寸法師とか

現代作家人形展、好評開催中です。
本日は前回よりも少しアップでご紹介します。
f0106896_16594675.jpg
高橋満利子さんの立ち雛が着ているのは江戸時代初期の江戸ちりめん。江戸城のお姫様が着ていた打ち掛けだったとか。
f0106896_170490.jpg
なんとも趣のある黄色の絹の、柄の所々に金糸と薄紅色の刺繍が施されています。


f0106896_1702298.jpg
こちらは杉野圭子さんの市松人形。両手に載るくらいのかわいらしいサイズ。女の子の夢を詰め込んだような振り袖ですねー。おじいちゃんおばあちゃんからのお節句の贈り物にもよさそうです。


端午の節句には文殊哩さんの“変り五月人形”はいかがですか?
f0106896_17282836.jpg
針の刀を掲げる一寸法師の脚元に....
f0106896_1723228.jpg
赤鬼いっぴき。
f0106896_1723781.jpg
赤鬼にひき。くるくる回ります。
f0106896_1775837.jpg
その1:世にも珍しいやじろべえ型の五月人形。

f0106896_1725710.jpg
その2:鬼に馬乗りの一寸法師。シマシマパンツの鬼の後ろ姿もとてもチャーミングですので是非会場でご覧下さい。

f0106896_173219.jpg
その3:おわんの舟に載った一寸法師。おわんへの納まり具合がなんともしっくりいっています。リビングのボードにさらりと飾れるシンプルな五月人形。(その2、その3の一寸法師はともに起き上り小法師になっています。)


f0106896_1732211.jpg
井崎正治さんの木彫作品。後ろにボードがついていて、壁に飾れるタイプのものもあります。ざっくりとした掘り具合とマチエールの暖かさ。静謐だけどいつも軽やかで明るい井崎さんの作品。

f0106896_1732858.jpg
楕円のおおきなお皿に盛られたものは?タイトルは『風をいただく』。


f0106896_224297.jpg

坂田ノボルさんの陶人形は、側に植物を置いてみると、粘り強い土の匂いが烟り始めるようです。





f0106896_17262812.jpg
南室では、引き続き文殊哩教室展を開催しています。
by live-art | 2013-01-12 17:05 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜1/21(月)【北室】現代作家人形展 【南室】文殊哩教室展

本日より、新春恒例の人形展が始まっています。今年は、現代作家人形展とともに、南室にて文殊哩さんの教室展が同時開催です。また、高橋満利子さんの教室の生徒さん方の作品も。


【北室】現代作家人形展
f0106896_18144382.jpg
こちらは高橋満利子さんの立ち雛。なんとも艶やか。書家であるご主人の、高橋正治さんの書がしたためられた屏風のもとに。

f0106896_18143963.jpg
満利子さんの教室「人形達の部屋」の皆さんによる愉快な狸たちも!見飽きない楽しさ。

f0106896_18144934.jpg
文殊哩さんの今年の目玉は、三国志。手の込んだ仕立ての衣装の美しさもさることながら、各武将の卓抜な人物描写にも脱帽です。三国志好きは徳に必見。

f0106896_1815394.jpg
ユニークな五月人形も多数。写真は、なんとやじろべい式桃太郎の鬼退治。だけど赤鬼も可愛くて憎めないです。。。

f0106896_18152586.jpg
東京在住の坂田ノボルさんは、まるでお地蔵さんのような、やさしくて純粋な陶人形。癒されます。


f0106896_1817305.jpg
こちらは三重県在住の杉野圭子さんの非常に端正で美しい陶人形。芳しい風が吹き抜けた瞬間を表現。もんとにいい匂いがしてきそうだからすごいです。


f0106896_18175242.jpg
愛知県の井崎正治さんはまあるいフォルムがなんとも魅力的な木彫のお人形。今年は飾りやすい小ぶりなサイズもたくさん。版画もあります。
f0106896_18174622.jpg
極シンプルで美しい構造に細部へのこまやかな心配りが好評の木工作品もあります。一輪挿しやごみ箱、ミニイーゼルや額ほか。




【南室】文殊哩教室展

とりあえずは、本展に寄せられた文殊哩さんからのコメントをご紹介。

<文殊哩人形教室では、何を創る?から始めます。次は、どんな方法で?と続きます。講師である私も始めての技法の時は、試作を創ってから教えています。また、私の作品を見て『こんなのが創ってみたい。』という生徒さんもいます。こんな人形教室から生まれた人形達をご覧下さい。>

本当はみなさんの作品をご紹介したいところなのですが....

f0106896_18242194.jpg
例えばこんなお地蔵さん。烏や柿の木などの小道具も手が込んでいます。敷物は柿渋の布。センスがいいなぁ....。

f0106896_1824351.jpg
こちらを作られたのはもうベテランに近い(?)猫好きの生徒さん。。モダンですねー、この屏風。

f0106896_18243090.jpg
烏のモビールもなにげないけど可愛くて。


f0106896_18244618.jpg
頼りがいがありそうな男の子たち!


f0106896_18245173.jpg
天使の合奏です。

f0106896_18244752.jpg
ピエロ、ピエロ、ピエロ!
by live-art | 2013-01-06 19:04 | 今週の展覧会 | Comments(0)