松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【両室】第8回 宇和島東高校OB展 〜宮田武史・永井信也と仲間の趣味の作品展〜

f0106896_13553257.jpg
ともに宇和島東高校のOBである宮田武史さんと永井信也さんの二人展...としてた始まった本展も今年ではや8回目を迎えます。上の写真は宮田さんの書をしたためた掛け軸。端正で力強い作品がずらりと並びました。

f0106896_13553595.jpg
永井さんは写真です。ユーモアをほんのり効かせた目線のあたたかな作品。

f0106896_13554168.jpg
お仲間の方々の賛助出品もずらり。版画や絵画....

f0106896_13554633.jpg
賛助出品の写真作品のモチーフは棚田や
f0106896_1356054.jpg
幻想的な港の風景

f0106896_1355499.jpg
斉美高校出身、甲子園のスター投手と上甲監督によるサインなども参入....(笑)

f0106896_13555659.jpg
画家森本猛さんも宇和島東出身。

f0106896_1356513.jpg
南室には前砥部町長中村剛さんの山頭火の書作コレクションを風蘭とともに展示しています。

f0106896_1358921.jpg

by live-art | 2015-06-25 14:28 | 今週の展覧会 | Comments(0)

【両室】夏の楽居布展

f0106896_16282679.jpg

f0106896_16283120.jpg

f0106896_16283565.jpg

f0106896_16283929.jpg

f0106896_16284165.jpg

f0106896_16284769.jpg

f0106896_162850100.jpg

f0106896_16285527.jpg

f0106896_16285889.jpg

f0106896_1629144.jpg

f0106896_1629462.jpg

f0106896_162976.jpg

f0106896_16291386.jpg

f0106896_16294199.jpg

by live-art | 2015-06-19 16:31 | 今週の展覧会 | Comments(0)

【南室】松下直人PCアート展 【北室】旅するとんぼ玉※ひとつしたの記事です

【南室】松下直人PCアート展 Hpbby オムニバス〜Draw without hands〜

f0106896_15325378.jpg
カキーン...!と、爽快な一枚でスタート。本日より、南室にて松下直人さんによるコンピュータグラフィックスの個展が始まっています。

f0106896_1784889.jpg
先天性の障がいのため手が不自由な松下さん。足元についているレバーを操作しながら車椅子を上手に運転さるのだけれど....

f0106896_1784540.jpg
じゃじゃん。こちらは、タイトルどうり松下さんの「商売道具」。絵を描くときも同じように足元でPCを操作されるのだそう。左のピンクのエリアに描かれた機械を足元に置きます。筆で描くときはヘッドギアに取り付けて頭を動かして描きます。

f0106896_1785799.jpg
ずらりと並んだ作品はどれも明るい色彩に満たされています。それからときに、ぴりっとユーモアを効かせたタイトル。


f0106896_1785928.jpg
おしゃれな車椅子❤️

f0106896_179271.jpg
「自分の思いを言葉で伝えることが苦手なので、絵で僕の気持ちを感じてもらえると嬉しいです」とは松下さんご本人の言葉。


f0106896_1792046.jpg
好きなものや...

f0106896_1792376.jpg
好きな場所や....

f0106896_1622699.jpg
伝えたいこと....

f0106896_1622954.jpg
思うところ....

f0106896_179627.jpg
幸せをおすそ分けしていただいているような気分で見せていただきました。

f0106896_1710350.jpg

by live-art | 2015-06-11 17:12 | 今週の展覧会 | Comments(0)

【北室】旅するとんぼ玉展  【南室】松下直人PCアート展...※一つ上に記事があります

f0106896_1711724.jpg
北室ではすっかり恒例となりました、とんぼ玉コレクター上田夫妻による、「旅するとんぼ玉展」が始まっています。

f0106896_1712074.jpg
今回はとんぼ玉のアクセサリーのほかに、中国、ベトナム、タイ、イスラムなどアジアの古陶磁も。

f0106896_1712481.jpg
古伊万里の色絵皿も。

f0106896_1712876.jpg
14世紀、ミャンマーの皿となんとも愛らしい馬の人形。鳥の花入。

f0106896_1713397.jpg
コンゴ・クバ族の草ビロードもたくさん!

f0106896_171433.jpg
ウラングラスはブラックライトを当てると青く光り出します。明治から大正にかけて、100年くらい前のものだそう。その時代に思いをめぐらせてみると、また思いがけないロマンや発見があるかもです。


f0106896_1715861.jpg
ためいきがでそうな銀化した古代ガラスの小瓶や杯。

f0106896_172154.jpg
インドとャンマー国境沿いに暮らすナガ族のかんざし。動物の骨を加工しています。プリミティブで魅力的なフォルムと線描。

f0106896_172452.jpg
こちらはなんと、食物倉庫のドア。アフリカドゴン族のもの。

f0106896_172892.jpg
もちろん、とんぼ玉のアクセサリーも満載です。こちらの大きまとんぼ玉は日本製。江戸時代に風鎮として使われていたものだそう。革紐とカレンシルバー、真鍮線でワイルドにアレンジされています。

f0106896_1721083.jpg
チップ状のミルフィオリでできたネックレス。花びらの首飾りのようです。

f0106896_172137.jpg
シックでゴージャスなこちらは、金のとんぼ玉に銀化した古代ガラス、天然石のフローライトで透明感を演出しました。

f0106896_1721631.jpg
夏に向けて。氷砂糖のようで涼しげ。古代ガラスのシリーズ。

f0106896_1721890.jpg
随時ワークショップも開催中。お気に入りの一品を作りませんか?
by live-art | 2015-06-11 17:05 | 今週の展覧会 | Comments(0)