松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5月25日(木)〜30日(火)【両室】宇野貴美恵藍染展 ー自然に学ぶー



【両室】宇野貴美恵藍染展 ー自然に学ぶー

f0106896_16060617.jpeg
本日より、新居浜市在住の藍染作家宇野貴美恵さんの個展が始まっています。
北室は、古代の海中生物をモチーフにした作品が中心。


f0106896_16262086.jpg
巻貝のタンクトップ。藍のグラデーションだけで、
描かれていますがとても個性的。
素材はしゃりしゃりの近江麻です。


f0106896_16054397.jpeg
貝や渦巻きの連続模様もモチーフに。

f0106896_16055479.jpeg
それから、北側の壁には胎内にいる赤ちゃんをモチーフにした2枚の連作が。
海なる母。海は母親の胎内のように様々な生物を生み出し育てます。
母なる海、海なる母。たくましくもあたたかく、しなやかな宇野貴美恵さんの世界。



f0106896_16052897.jpeg
ストールやTシャツも。

f0106896_16045171.jpeg
宇野さんの背中にはサバンナのキリンが3匹。


f0106896_16050574.jpeg
バックや帽子。

f0106896_16051709.jpeg
日傘もあります。


f0106896_16043380.jpeg
コースターや手ぬぐい、バンダナやランチョンマットなどの小物も。



f0106896_16033556.jpeg
コースターいろいろ。干支のモチーフもあります。


f0106896_16032267.jpeg
草木染めのセンターもとても素敵。
右の4つはイヌビワがモチーフ。


f0106896_16031095.jpeg
タペストリー。オリーブに止まる鳥。やさしい色彩。


f0106896_16025804.jpeg
個性的なTシャツいろいろ。
生地もしっかりしていてよいもの、という感じがします。


f0106896_16024771.jpeg
青染めのエプロンドレス。
他、パンツやスカート、ワンピースなどのお洋服もありますので
ぜひ、ご覧ください。


f0106896_16023687.jpeg
アラフィアバスケットもあとわずかになりました。




by live-art | 2017-05-25 16:46 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜5/23【北室】旅するとんぼ玉展 【南室】神山恭昭「あわわ店」展


【北室】旅するとんぼ玉展
f0106896_17480643.jpg
本日より北室にて、アンティークパンダモさんのコレクション展、
「旅するとんぼ玉」展が始まっています。



f0106896_17471585.jpg
ネックレスやブレスレットなど、アンティークのとんぼ玉でつくったアクセサリーのほか、
アフリカ製のとても魅力的な古い布が山積みです!



f0106896_17483978.jpg
クリムトやミロ、マチスやピカソも憧れたプリミティブな図像が力強く美しい、
クバ族のラフィア布、糸目も綺麗に揃って繊細な柄行きの美品が揃っています。
手前はブルキナファソに伝わる藍染です。
細い帯状の織布をパッチワークのように繋げて大きな布にしています。
織や染色の製法の素朴さに由来する独特の色落ちの様子が、たまらなく魅力的です。
ソファーカバーなどにもおすすめです。


f0106896_17493649.jpg
長い年月を残って生き残った古布というのは、
どこの国のものでもオブジェとしての強い存在感を放ちますね。



f0106896_17490933.jpg
コレクターの上田さんは、すべてのとんぼ玉の生い立ちを把握されています。
もっとも古物で2000年前のも。



f0106896_17503339.jpg
どれもこれも、ながいながい時間をかけて、
ひろいひろい世界を移動しながら、
縁あって、湊町3丁目までやってきた小さな玉たちなわけ。


f0106896_17510087.jpg
こんなしゃれたデザインのものも。


f0106896_17520095.jpg
こちらはインドの民族の装飾具。
金属ですがとてもしなやか。Tシャツに合わせてもきっととても素敵。



f0106896_17512650.jpg
そして今回は、パンダモ展の軒をお借りして、惜しまれながら活動を停止された、
アラフィアジャパンさんのバスケットをすべて2割引で販売しています。
ほんとにほんとに最後のチャンスですよ☆


f0106896_17523454.jpg
会期中お昼過ぎから上田さんいらしてます。わ、ナイスガイだ☆


f0106896_17522032.jpg
毎回、好評を得ているとんぼ玉のアクセサリーの
ワークショップも随時開催しています。




【南室】神山恭昭「あわわ店」展

f0106896_17532856.jpg
そして南室はもうひとりのナイスガイ(笑)
松山百点の人気連載「わしの研究」の著者
奇才・神山恭昭さんの「あわわ店」展。


f0106896_17534452.jpg
店員だけがひたすらあわあわあわてている店がたまにあるけど、
そう、そんな感じ....というのが個展タイトルのテーマ。


f0106896_17545679.jpg
はしっこが似合いすぎる。


f0106896_17543071.jpg
give up ART !? ↑↑↑




f0106896_17555165.jpg
ん?


f0106896_17553879.jpg
ぼたもちカレー。



f0106896_17552582.jpg
もちろん、新刊「わしの研究」発売中です。
サインももらえますよ♪

土曜にはあやしい座談会も! ↓↓↓

f0106896_18382967.jpg




by live-art | 2017-05-18 18:02 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜5/9【北室】平松以久子展「虚面ーKYOMENー」 【南室】続・坂本卓遺作展

【北室】平松以久子展「虚面ーKYOMENー」 
f0106896_19074646.jpeg
本日より、造形作家・平松以久子さんの個展「虚面」が始まっています。


f0106896_19072574.jpeg
じゃん!
なんてユニーク⭐︎
なんてエネルギッシ⭐︎⭐︎⭐︎


f0106896_19064008.jpeg
テーマはお面。



f0106896_19061171.jpeg
アジアやアフリカなどの民族が神事や儀式に使う道具みたいな
ユニークな造形がたくさん....



f0106896_19055365.jpeg
うーーーんプリミティブ!
なんて力強くておおらかなんだろう.....


f0106896_19053385.jpeg
だいたんで、こわいものがないかんじ。



f0106896_19050603.jpeg
地熱のような底知れぬエネルギー。


f0106896_19045165.jpeg
アンソールが縄文人だったら洞窟の壁に描いてそう(笑)
注:平松さんは現代のとても美しい女性です。


f0106896_19043222.jpeg
重量級です。





【南室】続・坂本卓遺作展

f0106896_19124383.jpg
南室は先週に引き続き、坂本卓遺作展です。
詳しくはひとつ↓の記事をご覧下さい。






by live-art | 2017-05-03 19:11 | 今週の展覧会 | Comments(0)