松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

〜6/30 楽居布2009・夏「やっぱり麻が好き」

恒例の楽居布展はじまりました!
リブ・アート回廊当初からのおつきあいである楽居布は今年で15周年なんだそうです。実はリブ・アートとはおないどし。現在は海外にも進出し、国内外の有名ブランドからの発注を受けるなど繊維業界でも目覚ましい活躍をされています。楽居布のボスであり、デザイナーであり、暮らしのトータルコーディネーターでもある越智和子さんは愛媛県のご出身。バイタリティあふれるかっこいい女性です。
f0106896_18365817.jpg
ここ数年は絹織物の産地、丹後の機元の若きホープのみなさんとのコラボで丹後シルクのプロデュースに勢力的な楽居布ですが、そもそも楽居布の原点には越智さんと近江の麻織物との出会いがありました。近江のきれいな水と職人さん達の伝統に培われた技で織られた近江上布は、非常に通気性がよくひんやりしゃりしゃり。じめじめした日本の夏に最適です。また、京の都に隣接するその立地故、今日まで守られ、築かれてきた意匠や、それを形作る技術も目をみはるもの。風土に根ざした機能性を備えた美しい織布。それが近江上布だったわけです。越智プロデュースの近江上布の人気は根強く、毎年開催する楽居布展には十年を超えるリピーターのお客様もいらっしゃいます。15周年の今年は、改めて近江上布にスポットを当てた展覧会となっています。

f0106896_1857587.jpg
南室には、機元さん達の制作現場の写真をパネルを、手織りの里 金剛苑さんから、明治・大正期の貴重な着物をお借りして展示しています。また、麻織物の製造工程を撮影したDVDも上映。

f0106896_18372427.jpg
こちらが大正期の着物。まるで手描きで描いたような自由でのびやかなこの格子模様が、細い細い麻糸を張って気が遠くなるような細かい工程を経て織りあげられたものだとは…(溜息)。間近で眺めてもしっかりと目がつまっているのです。

f0106896_1838741.jpg
現在、金剛苑で制作されている反物も販売しています。


f0106896_18564613.jpg
f0106896_18385311.jpg
もちろん!北室には2009年夏の最新コレクションも開催中です。今年は特に大好評で、連日沢山のお客様にお越し頂いています。とにかく一度、来て見て触って、着てみていただきたい!麻100%、ひんやりしゃりしゃりの近江ちぢみのシーツもおすすめ☆

f0106896_18572071.jpg
こちらは美しい更紗染めのロングベスト。素材は丹後シルクです。楽居布の次回のテーマは「江戸の夏」。クールで遊び心溢れる粋な楽居布にご期待下さい。
by live-art | 2009-06-25 18:59 | 今週の展覧会 | Comments(0)