松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

住宅のしつらえ その2

f0106896_1454288.jpg


ひとまず、山下伸一さんのテーブルランプをご紹介。サンドブラストで描かれた、クレマチスがなんとも美しいランプシェードは、ガラス工芸作家松本正雄氏の手によるもの。絹衣の裾のように拡がる脚元。しなやかで艶やかな女性の立ち姿を連想してしまいます。計算された線の流れでシェードとのバランスがとられていますのでしっかり、安定感もあります。

f0106896_14541598.jpg
こちらは、林靖介さんのダイニングテーブル。かなりりっぱな栗のひろびろとした一枚板。板の端の部分は、スクエアに整形してしまわず、自然の木そのものの凹凸をそのまま残しているのですが、てざわりがとてもよいのです。おしゃべりしていても自然に撫でしまっていそう。日常のなかに極く自然に溶け込んで、癒してくれる木のやわらかさ、ここちちよさ。檜の椅子もおすすめです。


南室では、菅公子さんの絵画展を開催中....、こちらもご覧下さい。

f0106896_15294291.jpg
「ルルド」油彩 50F
by live-art | 2009-10-09 15:03 | 今週の展覧会 | Comments(0)