松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

〜11/24(火)【北室】<企画展>生石窯展 【南室】坂上雅明水彩画展 

【北室】<企画展>生石窯展

待望の生石窯展が始りました!
生石窯の西山千代子さんはリブ・アートの回廊当時からすばらしい展覧会をしてくださっている砥部の陶芸家です。今回は、制作に本格的に復帰された夫・西山寛さんとの夫婦展。まったく違う作風ながら、お互いが引き立てあいながら調和している気持ちのよい展覧会になりました。2年に1度の生石窯展を心待ちにしてくださっている方は沢山いらっしゃって、今日も朝からにぎやかでした。

f0106896_17391797.jpg
千代子さんの器は、ホントに一人で作っているんだろうか…!?と思ってしまうくらいバラエティ豊か。自由でのびやかな感性に、こころがやわらかくなるようです。特に、毎回すぐに在庫がなくなってしまう、貼合せのシリーズは、今回これまでよりも更に進化しているそうです。一方、寛さんのうつわは、青と白の端正な磁器ものです。今回も、花器にお花をいけたのですが、安定感もよく、どれもとても使いやすいいい花器でした。

f0106896_17393316.jpg
貼合せのランプシェードは千代子さん作。スタンドは、アイアンアーティストの西山毅さんの作品。左下の寛さんの花器は、四つ脚がついています。

f0106896_17383549.jpg
寛さんのブルーに、ももいろの大きなダリアを浮かべてみたら…。とてもニュアンスの深いブルーです。カタチのいい壺には寒桜を。自然の色やかたちを、静かにでもしっかりと受け止めてくれる芯の強さを感じました。ブルーの濃淡の変化にもご注目を。

f0106896_17395637.jpg


f0106896_17384915.jpg
ご飯茶碗や湯呑、マグカップ、鉢、平皿も大きいの小さいの、普段使いのとっておき(?)から、いつまでも眺めていたい宝物のような器まで様々です。

f0106896_1739482.jpg



【南室】坂上雅明 水彩で描く風景画展「松山城 坂のある風景」

f0106896_17454582.jpg
南室は、イラストレーターの坂上雅明さんの水彩画展。
前回は、三津浜界隈のスケッチをして下さいました。今回のテーマは「お城山」。色も構図も美しく清潔な絵。こんなに澄んだ青空☆

f0106896_17464660.jpg
もちろん、なんどもなんども城山に脚を運んだのだそうです。お城が、色んな角度から描かれています。正確な絵なんでしょうね。臨場感があります。

f0106896_17463665.jpg
      絵はがきも各種販売しています。

f0106896_17465911.jpg

by live-art | 2009-11-19 17:49 | 今週の展覧会 | Comments(0)