松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

〜2/22(火) <北室>森友恵 書作展  <南室>アトリエサラサ

<北室>森友恵 書作展 ー tsubaki ー
愛媛県立三島高校を卒業後、福岡教育大学で4年間書道を専門的に学んだという森友恵さん。今回は、その4年間の集大成としての個展。

f0106896_1151079.jpg
パネルを連ねた壁一面の大作。正面は、宮沢賢治の詩「丁丁丁丁丁」の書作。

f0106896_11512527.jpg
天井から垂らした薄くてなが〜い布には般若心経がしたためられています。

f0106896_11512697.jpg
書道の線の美しさを活かした抽象絵画のような作品も。

f0106896_11513115.jpg
森さん、本日は晴れ着で在廊。



<南室>アトリエサラサーシルク・木綿の自然染め服展ー

福岡のアトリエサラサさんの個展。シルクを、やまもも、梅、ユーカリ、びわ、柿渋、松煙、などで染め重ねて創った服、小物、約100点を展示しています。

f0106896_11521377.jpg
アトリエサラサさんの工房では染色からデザイン、縫製まですべての工程を手がけていらっしゃるそう。
f0106896_11521774.jpg
染料の半分は剪定した、庭木の枝葉をウッドチップにしたものを煮出して作り、絞りかすは、又、土に戻して循環させているんだそうです。身体だけでなく、環境にも優しい服作りを実践されています。
f0106896_11551710.jpg

f0106896_11522364.jpg

f0106896_11523046.jpg
バックや、帽子などの小物も充実。
f0106896_11523521.jpg
肌触りが抜群のインナーも各色揃っています。
by live-art | 2011-02-17 11:59 | 今週の展覧会 | Comments(0)