松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

「渡部家住宅 その光と記憶」展 絶好調です!

f0106896_1845227.jpgリブ・アートが事務局をつとめているイベント、井出創太郎「渡部家住宅その光と記憶」展が公開になりました。 f0106896_18174493.jpg実行委員会一同どうなることかと内心ヒヤヒヤものだったのですが、蓋を開けてみるとびっくり!嬉しい悲鳴です。初日で既になんと約330人、2週目が終わる頃には1000人に到達!

それもこれも、事前に新聞各社やTV局の方々が大きく取り上げて下さったこと、それから興味を持って応援して下さった方々の口コミ宣伝のお陰です。感謝!井出さんの作品は、期待通り、いえ期待以上に素敵でした。このプロジェクトは3年がかりで渡部家内のすべての障子と襖を表装してしまおうというもの。第一期である今回は「表の間」。屋敷の南側に位置し、主に客間として使われたエリアです。内玄関→玄関の間→神前の間→表座敷という具合に襖で仕切られた4つの部屋が一直線に並んでいるので、すべての部屋が一望できてしまう土間(梁が立派!要チェック!)からの眺めは圧巻です(写真参考)。f0106896_18554345.jpgf0106896_18565566.jpg陽の光を通した明かり障子はまるで擦りガラスみたいな張りと光沢にうっとり。井出さんはよくご自身の作品を「家屋の中に滑り込ませる」だとか「家屋の記憶に寄り添うように存在するように…」だとかおっしゃるのですが、なるほど!です。「現代美術やいうて、どエライもん持ってきたところでこの家にあうんやろうか思とったけど、ほっとしたわい。なんやらほっとするわいなぁ...」…とは、今回お掃除や、建物の説明をして下さっている「文化財サポートの会」の会員さんの言葉。古い建築を愛し守り続ける活動をされている方のその言葉に、私たちは更にほっとしたのでした。
Commented by Takechi at 2006-04-05 12:12 x
すばらしい集客ですね!

自分のほうの灯りイベント
http://blog.floop.info/?eid=419628
と重なりまだ行けていません。

「渡部家住宅その光と記憶」展
まだいくつか残っていたと思うので、
是非行きたいと思います。

ウチのほうにもお越しいただきありがとうございました。
http://blog.floop.info/?eid=431428
写真UPしました。
Commented by 米田 at 2006-04-06 13:29 x
是非、おいで下さい。
今は門前の桜がとても奇麗だそうです。
次の土日までもってくれるといいのですがね。
by live-art | 2006-04-03 19:02 | Comments(2)