松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

【北室】山本容子展 【南室】展




【北室】山本容子展 
f0106896_16042123.jpg
ただいま北室にて山本容子展を開催中。
エントランスでみなさまをお迎えするのは
アポリネールの動物詩集より3点。
左から「うさぎ」「猫」「犬」。


f0106896_16141628.jpg
銅版画の魅力的な線描。こころ躍る色彩。
閉じていくことを知らないイマジネーション。


f0106896_15530842.jpg


f0106896_15583451.jpg
今回のテーマは「音楽の楽しみ」。
こちらはエリックサティ。
ブルーとイエローの洒脱な色彩感覚。


f0106896_15582994.jpg
描画と楽譜を組み合わせるのは
近年の容子さんの十八番。


f0106896_15580763.jpg
音楽と絵画のコラボ作品は、
近年の容子さんのライフワークのホスピタルアートとして、
病院の壁画や天井画の原画となっていたりも。


f0106896_15581863.jpg
ジャズやオペラ動揺やバロックも...
様々なジャンル、広範囲にわたる選曲に、
容子さんの教養の深さや、好奇心の高さ、
躍動する感性を感じずにはいられません。


f0106896_15590509.jpg

f0106896_15590039.jpg
歳時記の季語がタイトルになったシリーズもとても素敵。



f0106896_16110740.jpg
グラスのなかの夜の蛍のイメージで。


f0106896_16112251.jpg
芳しいさでいっぱいの果実とお茶。


f0106896_16111645.jpg
冷たい冬の夜。暖かい部屋のなか。ぬくもりは香ばしい。





f0106896_16233213.jpg

f0106896_15591092.jpg

f0106896_16240815.jpg
希少な旧作も。














【南室】RICCIEVERYDAY展
f0106896_15414098.jpg
南室はカラフルでプレイフルな
ウガンダ発のトラベルバッグ、RICCI EVERYDAY展。


f0106896_15420586.jpg
気持ちが高まるアフリカンプリントのバッグがいっぱい!


f0106896_15421649.jpg
壮観!


f0106896_15430089.jpg
ひとつのバッグに、たすき掛けバッグ、ワンショルダー、
ハンドバッグ、クラッチバックの4wayの機能があるんです。
これがほんとによく考えられていて感心してしまいます。

f0106896_15432483.jpg
とくに、この長さにもできる...という心配りが絶妙だと思います。



f0106896_15431637.jpg
サイズもいろいろ。

f0106896_15423044.jpg
小物もいろいろ!




f0106896_15415258.jpg
RICCIEVERYDAYは仲本千津さんという日本人の若い女性が、
ウガンダの地でこの美しいテキスタイルをみつけ、
現地のシングルマザーの仲間たちと一緒に立ち上げた小さな会社です。
就業率の低いウガンダでは、学歴のない女性のシングルマザーは
社会のなかで生きて行くのが本当に困難で、
彼女野中では止むを得ず性ビジネスに就く人も少なくないのだそう。
では、安定した雇用と生活とそ
して誇りを得た彼女たちの姿も掲載されています。
ブログなどで見る仲間とたたずむ仲本さんのフェアな笑顔がとても印象的です。
ぜひ、ごらんください。













by live-art | 2018-09-07 16:18 | 今週の展覧会 | Comments(0)