松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

〜2/5 篠原土世作品展 シリーズ<新静物画>

f0106896_1616089.jpg1979年に渡仏以来、フランスで創作活動を展開している篠原土世さんの個展。ニュアンスのあるモダンな配色を用いて平面的かつ抽象的に描かれた背景。そこに置かれた梨とオレンジ。40点ちかくある作品のすべてが同じモチーフで描かれています。
 抽象画とも言えるその背景と、具象的モチーフとの相関関係。梨とオレンジの存在は、目に見えている世界と見えていない世界とを繋ぐ窓口のようにも見えますし、ああ…、いや、もしかしたら、これは梨でもオレンジでもないのかもしれない…なんて気持ちにもなってきたりします。




f0106896_16582625.jpg「長いこと梨とオレンジがアトリエの片隅にあった。しかし今はないのに、その存在が心の中に定着して、いつしか自分の魂の分身のようになっていった。そして、その存在の周りの風景がいろいろなイメージとなって、いくつもの現実にない静物画が誕生してきたのである。観る人がそこに静かな世界を見つけてくれたら…」/篠原土世 
by live-art | 2008-01-31 17:02 | 今週の展覧会 | Comments(0)