松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

〜9/30【南室】Sajya展  ※北室にて綿引明浩展 同時開催中

f0106896_18020178.jpg
北室「綿引明浩展」と同時開催の南室は、昨年に引き続いての開催、
香川のジュエリー&アクセサリー作家集団「Sajya」のみなさんの展覧会です。
真摯な“モノつくり”特有の吹き抜けるような清々しさのある作品ばかり。
作家さん達同士の雰囲気もとてもあたたかいです。


f0106896_18021320.jpg
潔い曲線が美しいです。艶がありますね。


f0106896_18035089.jpg
このピアス、本当は動画でお届けしたらいいんだろうけれど...
揺れるとスワロフスキーの小さな光のつぶが繊細に輝きます。


f0106896_18033527.jpg




f0106896_18025124.jpg
漆のピアス。手前のは青漆。
つけると細長い側面が正面になるのですが、ここには螺鈿が施されていて綺麗。
正面と横顔で全然違う表情になるのでとても面白いです。

f0106896_18044974.jpg


f0106896_18031577.jpg
秋が香りそうな、シルバークレイの葉っぱのチョーカー。
ジーンズのブルーに合いそう。こんなに素敵なのにお値段とてもお手ごろです。
季節のプレゼントにもいいですね。



f0106896_18030724.jpg
可憐な野の花がモチーフのブローチも。


f0106896_18030203.jpg
こちらもシルバークレイのチョーカーですが、微かに和の心が香ります。
金属のやわらかさ....ってよいですね。




f0106896_18040310.jpg



f0106896_18024521.jpg
年代物のヴィンテージみたいだけれど、現代の手仕事。
端正な手仕事をながめるのってリラックス効果あるんだよなー....


f0106896_18035543.jpg
イアカフス。これもとてもきれい。
耳たぶに真珠がよっつ並びます。






f0106896_18023945.jpg
光る石ってやっぱり素敵。
だけどやっぱり手仕事って愛だと思う...





f0106896_18050609.jpg
会期中は随時、銀粘土でペンダントップをつくるワークショップを開催中です。
クラフトパンチを使ってデザインするのでどなたでも失敗なく作れるそう。


f0106896_18045950.jpg
体験料金は、材料代を含め¥3500です。
製作時間の都合上16:00までにお申し込みください。














by live-art | 2018-10-25 18:12 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜11/4【北室】綿引明浩の展覧会「バルバルの丘」 ※南室 Sajya展開催中

f0106896_17530646.jpg
南室「Sajya」展と同時開催の北室は、
綿引明浩展「バルバルの丘」開催中。


f0106896_17532503.jpg
クリアグラフは、綿引さんが、
アニメのセル画と銅版画の技法をミックスさせて編み出した不思議な絵画です。
アクリル板に裏側から色を重ねてガラス絵のようにして描きます。
濁りのないとびぬけて鮮やかな色彩と、
アクリル板に描いた絵を重ねて生まれる奥行きが特徴。


f0106896_17550857.jpg
アクリル板だから、こんな作品もあります。
彼らはキャストと呼ばれ、綿引さんの絵画の中のそこここに登場します。



f0106896_17541644.jpg
かわいい ❤︎

f0106896_17534027.jpg



f0106896_17543145.jpg
魅力的な小品も多数。






f0106896_17542325.jpg
大作。キャストの数だけ物語があり、
キャストとキャストの物語が交錯してまた物語が生まれ、
物語でいっぱいになった画面。
だから、いつまでも見ても飽きないのです。


f0106896_17574289.jpg
ピッコロミュージアムシリーズは、
手のひらサイズの銅版画とクリアグラフが一体になった作品。


f0106896_17540113.jpg
「ホテルマンボウ」中空...いや、海底ホテル。





f0106896_17550146.jpg
今回は、モノトーンのドローイング作品もあります。


f0106896_17543934.jpg
素敵な色彩。



f0106896_17545595.jpg
ピッコロ版画もたくさん。
小さくてとてもお求め安い価格なのですが、
描かれたイメージの世界はどれもとても豊かです。


f0106896_17544640.jpg
額師風雅さんんとのコラボもありますよー。


また今回も、ワークショップを開催します。
今回はリブ・アートのほか、ただいまプレ展示をさせていただいている
愛媛トヨタ久米窪田店でも参加できます。
以下.....


【愛媛トヨタ久米窪田店】

日 時:10月27日(土)14:00~16:00

費 用:1,500円(材料費込み)

年 齢:小学生以上

定 員:10名 要予約

Tel 089-960-1300 (愛媛トヨタ久米窪田店)



【ギャラリーリブ・アート】

日 時:10月28日(日)・29(月) 14:00~16:00

費 用:2,000円(材料費込み)

年 齢:小学生以上

定 員:10名程度 要予約

Tel 089-941-9558(リブ・アート)




こちらは前回のワークショップの様子です。







by live-art | 2018-10-25 18:00 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜23日(火)【両室】アートは楽し きょうだい展

f0106896_17144979.jpg
本日より、「アートは楽し きょうだい展」が始まっています。

リブ・アートでも何度か開催して下さったのですが、それ以前から随分ながいこと続けてこられた
亀井澄子さん、白井栄子さん、稲垣紀子さんの仲よし姉妹による三姉妹展。
今回からは、他のご兄弟やご親戚も加勢され、
ますますパワーアップしてリニューアルしたのがこの展覧会なのでした。




f0106896_17144370.jpg
こちらは白井栄子さんのノスタルジックな油彩画。
ご兄弟達と過ごした、縁側を望むお庭の風景なんだそう。
縁側の向こうに見える本棚いっぱいの本がある居間にいるのはご両親かな。



f0106896_17142691.jpg
亀井澄子さんの、様々な草花を彫り込み染め上げた革工芸。
植物への親しみと醒めない好奇心があたたかいです。



f0106896_17135789.jpg
稲垣紀子さんのすっきりとしてとても美しい造形ペーパークラフト。
楽しい、ご馳走の食卓。稲垣さんは他に日本画や陶芸も出品されています。


f0106896_17143409.jpg
義姉妹の山内紀世子さんは、端正な書作品を。



f0106896_17141376.jpg
ご兄弟の山内龍二郎さんの木のおもちゃ。
木製の超合金!?(古い?/汗)みたい。とても精巧な木のおもちゃです。
会場では自由に動かして遊んでいただけるようになっていますので、
ぜひ、お子さんとご一緒にお越しください。
大人もつい夢中になってしまいます。

f0106896_17142012.jpg
いろんな顔がつくれるおもちゃ。たのしー❤︎
作者ご本人がこんな笑顔でお話ししてくださいます。
作るのもきっと楽しくてたまらないんだと思う。





f0106896_17140432.jpg
南室へ向かう廊下。
白井栄子さんの穏やかな風景画と稲垣さんの赤とんぼのモビール。






f0106896_17134602.jpg
南室はとても明るい雰囲気です。


f0106896_17132819.jpg
沖縄在住のご兄弟山内平三郎さんの
貝殻やサンゴ、シーグラスで描いた絵画です。


f0106896_17131863.jpg
目が覚めるように、明るい!

f0106896_17125605.jpg
フータンという名前の立体的なタコ。
蝶々型やセミ型のもあります。

f0106896_18111113.jpg
シーサーの絵付け体験....ほか、

f0106896_17131393.jpg
いろんなワークショップもするそうです。
大人から子供までたのしめそう。





f0106896_17123860.jpg
こちらは白井栄子さんの娘の白井弓子さんと
ご主人の秋元直人さんの漫画家夫妻の作品です。


f0106896_17124975.jpg
弓子さんは2017年の日本SF大賞受賞者。
これがどれほどすごいかっていうと....一言で言えば、ゴジラを倒した漫画!
なんでも日本SF大賞というのは、漫画のみならず小説やアニメ、映画など、
あらゆる媒体のSFのなかからその年のNo,1を選ぶという賞なんだそうです。
その年のノミネートには、大ヒットした「新ゴジラ」やアニメ「君の名は」などもエントリーされていたんですって。
会場では、受賞作始め、ほかの作品も読んでいただけるようになっています。

f0106896_17121604.jpg
そしてこちらは最新作!絶賛販売中!


f0106896_17120948.jpg





by live-art | 2018-10-18 18:18 | 今週の展覧会 | Comments(0)

【北室】第11回宇和島東高校OB二人展 永井信也(写真)と宮田武史(書)

f0106896_14082690.jpg
本日より、宇和島東高校OBの永井信也さんと宮田武史さんによる
毎年恒例の二人展が始まっています。


f0106896_14084755.jpg
秋の入り口をちょっと過ぎた頃。
ちょうど今頃が、もっとも心地よく秋を感じる頃なのかもしれません。
宮田さんの書の墨の色も芳しく香るようです。

f0106896_14090497.jpg
「(きんししゅういをおぶ)」
秋風が厳しくなってくる...の意。
____________________________________

小学校の校長先生を定年で退職されて後、
毎年欠かかすことなく開催してきた
恒例の二人展も今年で11回目です。



f0106896_14085682.jpg
「閑中日月長(かんちゅうにちげつながし)」
閑居して俗事から遠ざかっていると、
月日もゆっくりと流れていく....の意。
____________________________________

半紙の前に座って、精神を集中する時間を持つということ。
毎年、目標のゴールをこの時期に自ら設定されて、長年続けられて。
ほんとうにすばらしいな、と思います。



f0106896_14100917.jpg
豊かな時間...って自分で作るもんなんですね。。。





f0106896_14083954.jpg


f0106896_14091868.jpg
宮田さんのご親友の永井さんは現役の小児科医。
写真につけられているコメントは、
優しくて陽気な語り口が素敵です。



f0106896_14094100.jpg
ついつい一句詠みたくなるような
ユニークでミニマムな視点の写真。



f0106896_14100132.jpg
小さな詩がここにもひとつ。



f0106896_14095014.jpg
日常のなかの非日常。

f0106896_14101904.jpg
お仲間たちの友情出品も!











by live-art | 2018-10-11 14:41 | 今週の展覧会 | Comments(0)

~10/8 南室 / 生石窯 「実りのきせつ」展その2

f0106896_19154479.jpeg
南室はインスタレーションカフェ「宙ノハラ」(協力:草月流/海老原社中)。
ご来場のみなさまに手伝っていただいて浮遊する野原を創作中です。


f0106896_17503898.jpg

f0106896_17525821.jpg
壁に飛んでいるのは美貴子さんのトリのオブジェ!レアです!
手びねりの感じがなんとも素敵です。

f0106896_17563434.jpg

f0106896_17435533.jpg
千代子さんの謎の掛け花。種か繭かなんなんだろう。。。
とても不思議なカタチ。道端の小さな小さな草花を挿すとほんとにかわいい。




f0106896_17554438.jpg
カフェ「宙ノハラ」では行列ができる
人気のパンやさんN's Kitchenさんの焼き菓子をお出ししています。
テイクアウトももちろんできます。イートインの方にはハーブティをサービス。


f0106896_19221753.jpg
皮ごとまるしぼり伊予柑ジュース「にがいよ」。
濃厚でかつ、さわやかな苦味と酸味が本当に美味しいです。
私は最初飲んだとき、感動しました。
体がすっと軽くなったようでした。とても気持ちの良いジュースなのです。




f0106896_17515691.jpeg
10/4(木)はサンドイッチランチをお召し上がりいただけます。
基本的に予約をしていただいているのですが、いくらかは余分もありますので是非!
写真は先日の日曜日に作っていただいた「実りのおしゃサンド」。
香ばしいパンに具沢山でいろんな味、いろんな香りがしてとても贅沢・満腹・満足でした。













by live-art | 2018-10-02 17:58 | 今週の展覧会 | Comments(0)

〜10/8(月)※水曜定休 生石窯「実りのとき」展 その1

f0106896_17251099.jpg
ただいま、砥部の生石窯をかまえる、
西山寛さん、西山千代子さん、橋本美貴子さんと、
金沢在住のガラス作家、西山芳浩さんの4人家族による展覧会を開催中です。

f0106896_17245625.jpg
エントランスでは寛さんの大作で皆様をお迎えしております。


f0106896_17354275.jpg
なんという充実!


f0106896_17355086.jpg


f0106896_17380172.jpg
家長の西山寛さんは、簡潔で美しい白磁の器。
f0106896_17282126.jpg
懐のふかくゆったりしたうつわに端正なしのぎ。
繊細で几帳面なお仕事ですが、安らぎがあります。


f0106896_17282957.jpg




f0106896_17364550.jpg
千代子さんは、感性の豊かさ溢れる先刻と色彩が魅力的な器。

f0106896_17294554.jpg
中でも「はりあわせ」という技法の、パッチワークの器は彼女の代表作。

f0106896_17401909.jpg
素朴さと可愛らしさ、あたたかさ。
それに加えて、例えば小さな草花の世界にもあるそれと同じで、
千代子さんの器にはワンダーがあると思うのです。



f0106896_17301414.jpg







f0106896_17274802.jpg
長女の橋本美貴子さんは、トリや木の実の文様のお皿。
北欧デザインのように、すっきりとしてスマートな“かわいい”器。
釉薬で描く...という独自に会得した手法で、
予測できない窯変が、焼き物ならでは魅力をいっそう盛り上げています。



f0106896_17291152.jpg
大人も子供もうれしい、かわいい☆



f0106896_17311508.jpg
金沢在住の西山芳浩さんは美貴子さんの弟さん。




f0106896_17311940.jpg
のびやかでどこか奥ゆかしさのある清潔なカタチは
このご家族の作品に共通ですね。



f0106896_17313017.jpg
芳浩さんのガラスは無色透明であっても、
表面のテクスチャーがとりどりに変化します。
薄さが魅力的な江戸ガラスはさざなみのように細やかに光を反射させます。



f0106896_17312332.jpg
ロックグラス。ずっしりとした重量感。
表の断面断面のすべてには木の年輪のような渦が巻かれています。
ガラスの収縮によって自然に描かれるものなのだそう。

f0106896_17313741.jpg
私は今回初めてみました。
美しい酒器です。小さな朝顔みたい。きっと淡い色の。


f0106896_17305522.jpg
人気の角瓶とキューブ型の器を組み合わせて
小さな花をいけてみました。


f0106896_17314388.jpg
こちらも初めて。泡の立つものを呑みたいです。


f0106896_17314688.jpg
大きなタンブラー。
写真ではちょっとわかりにくいのですが、
口元のかすかな凹凸や表面のテクスチャーが
プリミティブな感じでとても、かっこよいのです!



f0106896_17315838.jpg
小さいサイズも。このテクスチャー。















by live-art | 2018-10-02 17:45 | 今週の展覧会 | Comments(0)