松山の画廊 ギャラリーリブ・アート最新ニュース

liveart25.exblog.jp

6/22(木)~27(火)<企画展>楽居布2006・夏

f0106896_18102228.jpg今年もまた、やってきました。夏の楽居布展。本日初日はあいにくの雨でしたが、さすがはリピーターの多い楽居布さん!雨にも負けず、たくさんのお客様におこし頂きました(まだ、始まったはばりなのにーっ)。左の写真は、ひんやりしゃりしゃりな触感が気持ちいい楽居布・不朽の定番”手もみちぢみ”のお昼ねマットやシーツなど。その他、昨年に引き続きジャパンブルー(阿波藍)も素敵ですし、張りと光沢、軽やかな透け感の美しいリネンオーガンジーのワンピースや、これさえ着れば、ご機嫌な夏の旅行ができそうなアロハ調ビタミンカラーの近江上布ブラウスなど、今年も楽居布は絶好調です!f0106896_137936.jpg
楽居布とは、リブ・アート開廊以来のおつき合いだそうなので、今年で12年目。数年前からは、初夏と秋の年2回、新作コレクションの発表の場にして頂いています。その度ごとに、お客様の気持ちをしっかりと掴んでどんどん進化していく楽居布はすごい!そして、楽居布の洋服や寝具やインテリアファブリックをこれまでにお買い求め下さった方々が、楽居布からメッセージを肌で理解して下さっている感触がひしひしと伝わってきます。感謝!やっぱり体は、頭より素直で賢いんだと実感します。1度覚えたら忘れないっ。

f0106896_1353419.jpg今回の目玉は、藤布の帯。藤蔓の皮と芯の間にある”アラソ”と呼ばれる中皮をさらして紡いだ糸で織られた丹波の夏布です。古事記に記されているほど古い繊維なのだけれど、大変な手間がかかる上、数少ない藤布の紡ぎ手も高齢となり、繊維業界では”まぼろしの布”と呼ばれていたそう。この強くてしなやかな”自然の繊維”を廃れさせてはならないと技術の伝承に情熱を傾ける保存会の小石原将夫さんと、藤布本来の美しさと小石原さんの熱意に賛同した楽居布のコラボレーションが織りなす逸品です。

f0106896_1391181.jpgその土地々の風土の中で大切に、時に頑固に守られてきたもの。人間の生理にかなった”体に優しい繊維”が楽居布の基本。そのよさを広く世の中に伝えたい、消費してもらいたい、そうでなければ、代々伝わる職人さん達の智恵と感性がつまったこの賢く優しい繊維達は忽ちのうちに廃れてしまう。それは良質な日本の文化がまたひとつ消えてしまうことに等しい。楽居布のデザイナー越智和子さんはそんな風におっしゃいます。そのために、織り元や染め元、縫子さん達との信頼関係と綿密なコミュニケーションのもと、(洋服の型そのものだけでなく)素材の段階からデザイン指導をされ、現代のライフシーンを更に楽しく、ウキウキさせてくれるような素敵な製品を日々、生み出しているのです。会場で、お客様の気持ちを即座に察知され、ひとりひとりの嗜好や気持ちをふまえながら、適切なアドバイスをされる姿にはいつも脱帽させられています。そのコミュニケーション能力の高さ故、私は越智さんを尊敬して止みません。
# by live-art | 2006-06-22 18:17 | 今週の展覧会 | Comments(0)

銅版画家・松本秀一さんの”句集”です。

f0106896_13511341.jpg銅版画家の松本秀一さんが句集を出版されました。タイトルは、「早苗の空」。
布表紙に閉紐の、スケッチブックを模したしゃれた装丁もさることながら、句集の中を移ろう季節のはざまはざまに、松本さんの銅版画作品の挿し絵が入るという、宝物のような一冊です。一部3200円。リブ・アートの店頭にも数部置いております。通信販売も受け付けますので、ご希望の方はメールにてご連絡下さい。(さあ、急げ!)



海 を き て 陸 す れ ゝ に 夏 燕

実際は、縦書きで、「ゝ」の繰り返し記号はゆったりと大きく開脚した「く」の字。なんでもない夏の風景なんだけれど、なんだかすごく豊かな情景に思える。
いやいや、むしろ情景は背景だ。
f0106896_16122553.jpg海を遮る燕の姿さえも背景にして、日向臭い夏の大気がざっくりと分かたれる瞬間が目に見えるみたいだ…。なんてことない風景を、なんてことない言葉でもって、身体の深いところにじーんと響く静かなリアルに変えてしまう松本さんは、目に見えないものの確かな感触を凝視する人。その姿勢は版画を彫る時も、一句読む時も、同じです。

松本さんの俳句評は、詩人の清水哲男氏の巨大サイト【増殖する俳句歳時記】や坪内稔典氏主宰の【e船団】にも掲載されています。


f0106896_11395929.jpg松本秀一さんのメゾチントやエッチングの作品も複数取り扱いしております。ご希望の方は、店頭にてお申し付けください。(写真は「蛍袋」6/30:1993年メゾチント)



こちらの商品はリブ・アート店頭にて販売しております。ご遠方の方はお電話、メール等でお問い合わせ下さい。
# by live-art | 2006-06-18 16:17 | ショップ情報 | Comments(0)

6/15(木)〜6/20(火) 第9回佐保会ふれあい展

f0106896_15564059.jpg


佐保会ふれあい展は、奈良女子大学同窓会有志による展覧会です。人形、俳句、書道、手芸、水彩画、陶芸、ポーセリンペインティング、キルトなど、年代も様々な12人の同窓生による創作作品を展示しています。


f0106896_1383741.jpgf0106896_1345373.jpg


f0106896_1332955.jpgしっかり者の賢い主婦のベテランさん達が中心になって引っ張っているのが、佐保会ふれあい展。今年でもう9年目になります。普段は家族のために精いっぱい尽くしつつ、自分のための余暇の時間もじっくり大切に使う。そんな姿が透けてくるようなあたたかい展覧会です。(ほんとに、大切でかかせない時間なのだろうな。)中には、参加者のご家族の方の作品もちらほら。しかも、なかなかの腕前!? 陶芸家の卵の若い女性やプロの染織家も出品しています。


# by live-art | 2006-06-15 16:56 | 今週の展覧会 | Comments(0)

6/22〜 は、夏の楽居布展!

f0106896_17415962.jpg


リブ・アートの夏の風物詩、
ひんやりしゃりしゃりの近江上布で人気の夏の楽居布展は22日から。

”身体に心地よい繊維”を求めて、滋賀や沖縄、徳島など全国各地を訪ね歩く楽居布のデザイナー越智和子さん(四国中央市/旧伊予三島市出身、大阪在住)。越智さんはいつもパワフルでバイタリティと遊び心が溢れていて、陽のオーラをいっぱいに孕んだとても魅力的な大人の女性。その土地々で出会った繊維を、織り元や染め元との綿密なコミュニケーションのもと、現代のライフスタイルに合った洋服やインテリアファブリックとして蘇らせるお仕事をしています。楽居布の洋服を着ていると、何かとても豊かなものが、”体の感情”にそっと寄り添ってくれるているような、そんな不思議な安心感を感じます。越智さんのおしゃべりにはいつも、その風土の中で伝承されてきた、上質な手仕事の妙とそれを守り伝えてきた職人さん達への深い敬意と情熱が滲み出ていて、聞いていると、こちらまで熱い気持ちにさせられてしまうのだけれど、あの安心感の正体を探る鍵は、おそらくそこらあたりに隠されているに違いない。

 今年は新たに、繊維業界では、<まぼろしの布>と呼ばれている藤布の夏帯をご紹介します。定番の近江上布や、ジャパンブルー(阿波藍)も引き続き展開しています。
# by live-art | 2006-06-09 18:04 | 過去の企画展 | Comments(0)

講演会のご報告

f0106896_1545650.jpg


3日(土)夜、木下晋氏の講演会を催しました。
講演の内容をご報告できたらよかったのだけれど、講演後のワインパーティの準備に追われて、結局ひとことも聞けずじまい。残念(涙)。常に現場にいるのに、こういう時に腰を据えていられないのがスタッフのつらいところ。ま、それが仕事なので、仕方がないですね(涙々)。

・・・でも。でも。うーむむ。やはり無念ダ。
往生際が悪い店員だと思われるかもしれませんが、、、、

もしも、このブログを見て下さっている方の中で、講演を聞きにいらして下さった方がいらっしゃいましたら、是非、コメント欄に講演のご感想などお聞かせください!お願いします!



f0106896_16261182.jpgもうこれ以上にはないというくらいに、塗りこめられた鈍色の闇の深さ、美しさ。既にもう「銀色」といってもいいくらい、スポットライトを照り返すくらいに光沢を帯びた闇だ。銀色の闇の底に照らし出されているのは臨終の小林ハルさん。写真ではわかりにくいが、ハルさんの背後の闇には、病室の風景が刻まれている。全面を濃い鉛筆で塗りこめた上に、更に芯の硬い鉛筆で描かれているので、実際の作品を見ても、遠目には、それを確認することができない。
 ハルさんは、生まれつき全盲の人だったが、幼少時の母親の厳しい躾のおかげで、針に糸を通すことも縫い物をすることもできたのだという。色という概念のない世界の人であるはずのハルさんの言葉に、木下さんは豊かな色彩を感じるのだという。失われた視覚を補うために、研ぎ澄まされた別の感覚で、ハルさんは「色」というものの本質を捕らえていたのではないか、木下さんはそう仮説する。背後に描かれた病室の風景は、もしかしたら、私達には想像することもできないほどに研ぎ澄まされたハルさんの感覚が感受した「気配」だったのかもしれない。
 右の作品「105年の想い」は、ハルさんが亡くなられる約1週間前に完成された。闇の中に残された刻み込むようなえんぴつの強い筆致が切ない。

# by live-art | 2006-06-09 17:23 | 今週の展覧会 | Comments(0)